橋本文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋本 文夫(はしもと ふみお、1909年 - 1983年[1])は、日本ドイツ語学者、中央大学名誉教授。

1934年東京帝国大学文学部独文科卒業。戦後、中央大学教授、1980年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

  • 新独逸語文法 尚文堂 1936年
  • 高級独文解釈法 郁文堂書店 1939年
  • 小獨逸文法 改訂第3版 三修社 1948年4月
  • 初等独逸文法 郁文堂書店 1949年
  • ドイツ語の基礎 郁文堂出版 1950年
  • 理科学文法読本 三修社 1953年3月
  • 詳解ドイツ大文法 三修社 1956年
  • 橋本ドイツ語講座 第1-3 郁文堂出版 1957年
  • 大学ドイツ語入試問題 昭和35年度 三修社 1960年
  • ドイツ語の輪郭 郁文堂出版 1965年
  • 初級ドイツ語講座 郁文堂出版 1969年
  • ドイツ語と人生 橋本文夫記念論文集 三修社 1980年5月

翻訳[編集]

  • ゲーテの世界観 ヘルマン・ジーベック 理想社出版部 1934年
  • 民族性と世界観 グラーフ・フォン・デュルクハイム(de) 理想社出版部 1940年 アルス 1942年 (ナチス叢書)
  • 生の論理 グラーフ・フォン・デュルクハイム 理想社 1941年
  • 生活と文化 グラーフ・フォン・デュルクハイム 理想社 1941年
  • 独逸精神 グラーフ・フォン・デュルクハイム アルス 1941年 (ナチス叢書)
  • ナチスの優生政策 R.フレルクス 理想社 1942
  • マイステル・エックハルト 独逸的信仰の本質 デュルクハイム 理想社 1943年
  • 世界新秩序の精神 -日独友好関係の形而上的基礎- デュルクハイム 理想社 1943年
  • 欧羅巴文化の神髄 地球哲学的考察 デュルクハイム 六盟館 1944年
  • 幸福について 人生論 ショーペンハウエル 桜井書店 1948年、新潮文庫 1958年 改版2005年
  • 戦争の責罪 カルル・ヤスペルス 桜井書店 1950年
  • ニーチェキリスト教 カルル・ヤスペルス 桜井書店 1951年
  • 哲学と科学 カルル・ヤスペルス 桜井書店 1951年
  • 現代ヨーロッパの精神的課題 ヤスパース 茅野良男武藤光朗草薙正夫共訳 創元社 1954年
  • ヤスパース選集 3 悲劇論 理想社 新版1978年(初刊は1950年代)
  • ヤスパース選集 30 現代における理性と反理性 理想社 1974年
  • あなたの生物学 カール・フォン・フリッシュ 鈴木健二共訳 図鑑の北隆館 1975年

参考[編集]

  • 橋本文夫教授略年譜・主要著作目録「中央大学文学部紀要」1980-3

脚注[編集]

  1. ^ 新潮文庫『幸福について』