若ノ海正照 (1959年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若ノ海 正照(わかのうみ まさてる、1959年(昭和34年)6月4日 - )は、花籠部屋放駒部屋に所属した元力士。本名は高橋道雄、179cm、115kg、最高位は東十両4枚目。

人物[編集]

秋田県山本郡山本町出身。山本町立森岳中学校(現:三種町立山本中学校)時代に全国中学校相撲選手権大会(1974年)の個人戦で優勝した[1]。これにより同郷(秋田県)の大先輩である11代花籠大ノ海久光)のスカウトを受け、中学校卒業と共に花籠部屋に入門した[2]

1975年3月場所で初土俵。同期には若嶋津六夫太寿山忠明二子山部屋)、霧島一博(当時君ヶ濱部屋)がいた。序二段優勝2回などを経て、1986年3月場所で新十両に昇進[2]。関取となった時に部屋の先輩であり、部屋付き年寄だった13代大嶽の現役時代の四股名である若ノ海正照を襲名する形で名を改めた[2]

1986年11月場所の際にアキレス腱断裂の負傷で全休して幕下に陥落、以後は再び十両に上がることはなかったが、幕下で粘り強く相撲を取り続けた[3]。1985年暮れの花籠騒動の影響で放駒部屋へ移籍している。

1989年9月場所を最後に現役を引退して角界を離れた[4]

主な成績[編集]

  • 通算成績:331勝275敗43休(88場所)
  • 十両在位:5場所
  • 十両成績:31勝29敗15休
    • 序二段優勝:2回(1976年3月場所、9月場所)

改名歴[編集]

  • 高橋山道雄(たかはしやま みちお、1975年3月場所 - 1978年11月場所)
  • 大響道雄(だいきょう みちお、1979年1月場所 - 1979年5月場所)
  • 高橋山道雄(たかはしやま みちお、1979年7月場所 - 1980年5月場所)
  • 花車道雄(はなぐるま みちお、1980年7月場所 - 1984年9月場所)
  • 花錦道雄(はなにしき みちお、1984年11月場所)
  • 花扇道雄(はなおうぎ みちお、1985年1月場所 - 1986年1月場所)
  • 若ノ海正照(わかのうみ まさてる、1986年3月場所 - 1988年9月場所)
  • 若乃海正照(わかのうみ まさてる、1988年11月場所 - 1989年9月場所)

脚注[編集]

  1. ^ 全国中学校相撲選手権大会 アマチュア相撲
  2. ^ a b c 若ノ海正照 相撲人名鑑
  3. ^ 若乃海正照(わかのうみ まさてる) 相撲レファレンス
  4. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

関連項目[編集]