花宮沙羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

花宮 沙羅(はなみや さら、2月6日[1])は、宝塚歌劇団宙組に所属する娘役。

埼玉県川越市生まれ[1]日本音楽高等学校出身[1]。身長161cm[1]。愛称は「さら」。

略歴[編集]

2014年宝塚音楽学校入学。第102期生

2016年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は4番。星組公演『こうもり/THE ENTERTAINER!』で初舞台を踏み、同年4月5日、宙組へ配属。同期には、舞空瞳潤花水乃ゆり天飛華音彩海せららがいる。

2019年、『オーシャンズ11』で初のエトワールを務める。

同年、『El Japón−イスパニアのサムライ−』で新人公演初ヒロイン。※予定

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

2016年3月、星組『THE ENTERTAINER!』(宝塚大劇場のみ)

宙組配属後[編集]

  • 2016年7月 - 10月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』 新人公演:美容師(本役:瀬音リサ
  • 2016年12月、梅田芸術劇場「タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜」 コーラス
  • 2017年2月 - 4月、『王妃の館/VIVA!FESTA!』新人公演:マリー・テレーズ(本役:愛白もあ
  • 2017年6月、『A Motion(エース モーション)』(梅田芸術劇場文京シビックホール
  • 2017年8月~11月、『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~/クラシカル ビジュー』 新人公演:ゾーヤ(本役:愛咲まりあ
  • 2017年12月、梅田芸術劇場「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー」 コーラス
  • 2018年1月、『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム)シャークスの女
  • 2018年3月-6月、『天は赤い河のほとりシトラスの風-Sunrise-』シャラ、新人公演:ナキア[少女時代](本役:華妃まいあ
  • 2018年7月 - 8月、『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場)マルガリータ
  • 2018年10月 - 12月、『白鷺の城/異人たちのルネサンス』新人公演:サライ(本役:天彩峰里
  • 2019年2月 - 3月、『黒い瞳/VIVA! FESTA! in HAKATA』(博多座)
  • 2019年4月 - 7月、『オーシャンズ11』新人公演:ルビー(3ジュエルズ)(本役:瀬戸花まり*初エトワール
  • 2019年9月、『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』(バウホール)ベティ/サリー
  • 2019年11月 - 2020年2月、『El Japón−イスパニアのサムライ−/アクアヴィーテ!!〜生命の水〜』踊り子パメラ、新人公演:カタリナ(本役:星風まどか*新人公演初ヒロイン※予定

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、140頁。ISBN 978-4-86649-049-6

外部リンク[編集]