愛白もあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛白 もあ(あいしろ もあ、9月8日生)は、宝塚歌劇団宙組に所属する娘役。

大阪府堺市プール学院中学出身。身長162cm、愛称は「あやこ」「もあ」。姉は朝都まお宝塚歌劇団90期生)。

略歴[編集]

2005年宝塚音楽学校に入学。

2007年第93期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は50人中30位[1]。星組公演『シークレット・ハンター』で初舞台。同年5月2日[1]に宙組に配属。

同期には舞羽美海(元雪組トップ娘役)、芹香斗亜彩風咲奈蒼羽りく愛月ひかるらがいる。

2019年7月21日、『オーシャンズ11』東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団予定。

主な舞台出演[編集]

  • 2010年5月、『TRAFALGAR』新人公演:マリーア・ヘンリエッタ(本役:綾瀬あきな)/『ファンキー・サンシャイン』
  • 2010年9月、『銀ちゃんの恋』(全国ツアー)看護師
  • 2010年11月、『誰がために鐘は鳴る』新人公演:ベラ(本役:千鈴まゆ
  • 2011年3月、『記者と皇帝』(東京特別・バウ)ローリー 
  • 2011年10月、『クラシコ・イタリアーノ』新人公演:エマ・ヒューストン(本役:鈴奈沙也)/『NICE GUY!! 』
  • 2012年1月、『ロバート・キャパ 魂の記録』(バウ・東京特別)オルガ・コクローヴァ
  • 2012年4月、『華やかなりし日々』新人公演:メアリー・ロジャース(本役:綾瀬あきな)/『クライマックス』
  • 2012年8月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』新人公演:サビーネ(本役:花里まな
  • 2013年1月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』(博多座)ヴェストパーレ男爵夫人
  • 2013年3月、『モンテ・クリスト伯』新人公演:エルミーヌ(本役:愛花ちさき)/『Amour de 99!!ー99年の愛ー』
  • 2013年7月、『the WILD Meets the WILD -W.M.W.-』(バウ)キャサリン
  • 2013年9月、『風と共に去りぬ』令嬢、新人公演:ミード夫人(本役:鈴奈沙也)[2]
  • 2014年2月、『ロバート・キャパ 魂の記録』フーク・ブロック/ 『シトラスの風II』 (中日)
  • 2014年5月、『ベルサイユのばら―オスカル編―』四女
  • 2014年9月、『SANCTUARY』(バウ)シャルロット
  • 2015年4月、『TOP HAT』(ドラマシティ・赤坂ACTシアター)ティリー(一幕)、客の女(二幕)
  • 2015年6月、『王家に捧ぐ歌』女官
  • 2015年9月、『相続人の肖像』(バウ)ベアトリス
  • 2016年1月、『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』女官/『HOT EYES!!』
  • 2016年5月、『ヴァンパイア・サクセション』(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)オリーブ
  • 2016年7月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』スターレイ
  • 2016年11月、『双頭の鷲』(バウ・KAAT神奈川芸術劇場)パパラッチ女B
  • 2017年2月~4月、『王妃の館-Château de la Reine-』マリー・テレーズ/『VIVA! FESTA!』
  • 2017年6月、『A Motion(エース モーション)』(梅田芸術劇場・文京シビックホール)
  • 2017年8月~11月、『神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜』貴婦人ベルセルスカヤ/『クラシカル ビジュー』
  • 2018年1月、『不滅の棘』(シアタードラマシティ・日本青年館)モニカ【コーラス・ガール】
  • 2018年3月~6月、『天は赤い河のほとり』妃/『シトラスの風-Sunrise-』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』p.119(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010
  2. ^ 【宝塚大劇場】宙組『風と共に去りぬ』主な配役”. 宝塚歌劇. 2014年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]