芦津丈夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芦津 丈夫(あしづ たけお、1930年11月20日 - 2001年1月18日)は、日本のドイツ文学者京都大学名誉教授

来歴[編集]

和歌山県生まれ。父は薗田香勲、祖父は薗田宗恵、母方祖父は臨済宗永源寺派管長芦津実全[1]で、芦津家を継いだ。長兄は薗田香融、弟に薗田宗人薗田坦がいる。

1953年京都大学文学部独文科卒業。1955年同大学院修士課程修了。1959年京都大学教養部講師、1962年助教授、1978年教授、1994年定年退官、名誉教授花園大学教授[2]。娘は英文学者神戸大学教授の芦津かおり[3]

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 蘆津実全とは - コトバンク
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年、『人事興信録』1996年、薗田香融の項
  3. ^ バーバラ・ピム『よくできた女』訳者あとがき