前田敬作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 敬作(まえだ けいさく、1921年 - 2003年2月6日)は、日本の文学研究者、ドイツ文学者、京都大学名誉教授。

来歴[編集]

大阪生まれ。1944年東京帝国大学卒、兵役に就き、戦後関西大学予科講師、助教授を経て、1950年京大教養部助教授、1967年教授、1985年定年退官、名誉教授、摂南大学教授。

ゲーテカフカトーマス・マンなどの翻訳多数を行った。

古典西洋文学、中世キリスト教文学にも関心が深く、オウィディウス転身物語』を共同初訳し、日本翻訳出版文化賞を受賞、ヤコブス・デ・ウォラギネ黄金伝説』を訳者代表で完訳した。

晩年は、辞書編さん(「フロイデ独和辞典」 、監修 白水社 2003)に関わった。

翻訳[編集]

  • 危機の本質 オルテガ 創文社 1954(フォルミカ選書)/白水社「著作集4」1969
  • 技術とは何か オルテガ 創文社 1955
  • 愛のすべて ゲルトルート・フォン・ル・フォール 人文書院 1956
  • 世界少年少女文学全集 ドイツ編 波紋 リンザー 東京創元社 1957
  • 天国の門 ル・フォール 船山幸哉共訳 人文書院 1958
  • 手記と回想 ル・フォール 船山幸哉共訳 ヴェリタス書院 1959(現代カトリック文芸叢書 第4)
  • 教会への讃歌 ル・フォール 船山幸哉共訳 ヴェリタス書院 1960(現代カトリック文芸叢書 第5)
  • キルケゴール著作集5 反復 白水社 1962
  • 若きウェルテルの悩み ゲーテ 人文書院 1964
  • 転身物語 オウィディウス 田中秀央共訳 人文書院 1966、Amazon Kindle版2014[1]
  • セレンゲティは滅びず 地上最後の野生王国 B.&M.クシーメック 河出書房 1967
  • ヘッセの言葉 岩橋保共訳編 弥生書房 1968(人生の知恵 2)
  • 非政治的人間の考察 全3巻 トーマス・マン 山口知三共訳 筑摩叢書 1968-71
  • 鉄のハンス・いばら姫 新訳 グリム童話集 文研出版 1970
  • 日記・花粉 ノヴァーリス 現代思潮社 1970
  • カフカ ギュンター・アンダース 弥生書房 1971
  • カフカ 新潮文庫 1971
  • 眠られぬ夜のために 全2巻 ヒルティ 筑摩叢書 1972
  • ショーペンハウアー全集9 倫理学の二つの根本問題 芦津丈夫、今村孝共訳 白水社 1973
  • トーマス・マン 反語的ドイツ人 エーリヒ・ヘラー 山口知三共訳 筑摩書房 1975
  • 芸術の運命 アリスタイオスの蜜蜂たち ウラジミル・ウェイドレ 飛鷹節共訳 新潮社 1975
  • 黄金伝説 ヤコブス・デ・ウォラギネ 今村孝、山口裕、西井武、山中知子共訳
    全4巻、人文書院 1979-87/平凡社ライブラリー 2006
  • ゲーテ全集7 ヴィルヘルム・マイスターの修業時代 今村孝共訳 潮出版社 1982

脚注[編集]

  1. ^ オウィディウス (2014年). “転身物語(上)”. グーテンベルク21. 2017年6月17日閲覧。
    オウィディウス (2014年). “転身物語(下)”. グーテンベルク21. 2017年6月17日閲覧。

関連項目[編集]