芝城太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
芝 城太郎
本名 非公開
生誕 1948年????
愛媛県松山市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1967年 -
ジャンル ストーリー漫画
青年漫画
歴史漫画
学習漫画
代表作 『四条金吾』
『熱原の凱歌』 他
テンプレートを表示

芝 城太郎(しば じょうたろう、1948年 - )は、愛媛県松山市出身の漫画家俳優

概要[編集]

松山南高等学校を卒業後、1967年(昭和42年)に創作民話『ゆきわらし』でデビューを果たす。以後も友人の漫画家久松文雄の補佐をしつつ、日本・世界の歴史漫画を中心として描く。

1972年(昭和47年)には鎌倉時代日蓮の周辺を舞台とした『四条金吾』と貧しい農村の赤子の間引きとそれを諭す住職をテーマとした『熱原の凱歌』(いずれも潮出版社)の単行本を発表。

引き続き、『巨人 戸田城聖』(講談社)を発表した。

また、1982年(昭和57年)から1983年(昭和58年)にかけて、代表作である『学習漫画日本の歴史』の2巻、4巻、7巻、9巻、12巻(笠原一男監修、全18巻、集英社)と1984年(昭和59年)の『学習漫画 日本の歴史の人物事典』(笠原一男・柳川創造監修)の聖徳太子などを発表した。

以降も、1988年(昭和63年)から1992年平成4年)にかけて、『商人の道 シルクロードを翔けた男たち』(原作:野島好夫、オリエントファイナンス)・宗教漫画である『ブッダへの修行(仏教コミックス - ほとけの道を歩む)』・『おシャカさまの悟り』・『祇園精舎物語』・『鑑真 戒律を伝えた僧』・『聖徳太子』(原作:ひろさちや、いずれもすずき出版)などや『まんが大乗仏教 中国編』(監修:塚本啓祥、脚本:瓜生中佼成出版社)を発表した。

さらに、1998年(平成10年)には、ビジネス漫画である『マンガ紹介セールスの極意を身につける本』(原作:丸山景右中経出版)と『医者いらず自強法(トクマブックス - コミックシリーズ)』(原作:原崎勇次徳間書店)なども発表した。

2007年豊臣秀吉の伝記である『ろっぽん太閤伝』(原作:川柳敬太郎)を連載開始した。

近年は、役者業も行っており、『ザ・サンデー』番組内の『珍事件』の犯人役や『西村京太郎トラベルミステリー』の『夜行列車の女 東京 - 高松 サンライズエクスプレス』などにも出演している。

関連項目[編集]