至上の愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
A Love Supreme
ジョン・コルトレーンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1964年12月9日
ジャンル ジャズ
時間
レーベル インパルス!レコード
プロデュース ボブ・シール
専門評論家によるレビュー
ジョン・コルトレーン 年表
Crescent
(1964)
A Love Supreme
(1965)
The John Coltrane Quartet Plays
(1965)
テンプレートを表示

至上の愛A Love Supreme)は、ジャズサクソフォーン奏者ジョン・コルトレーンスタジオ・アルバム

ローリング・ストーン誌が選ぶ『オールタイム・ベストアルバム500』に於いて、ジャズ・アルバムとしてはマイルス・デイヴィスの『カインド・オブ・ブルー』の12位に次ぐ47位にランクイン。娯楽音楽であったジャズが発展し、戦後のモダンジャズが芸術音楽化した中で到達した一つの到達点を象徴した、複雑かつ極めて独創的で創造的な歴史的作品である。

解説[編集]

コルトレーンが神に捧げた、全4パート構成による組曲のアルバム。作曲に当たって、カバラの書物の影響を受けたという。異なるリズムを並走させるポリリズムはメロディーと和音、音階を軸とする西洋音楽ではなく、インドやアフリカといった地域の他にはないリズムから大きく影響を受けたと言われている。レギュラー・カルテットの渾身の演奏が高く評価された。本作でひとつの境地に達したコルトレーンは、その後より先鋭的でアバンギャルドなフリー・ジャズの領域に挑戦することとなる。

2002年、『至上の愛(デラックス・エディション)(A Love Supreme Deluxe Edition)』CD、2枚組が発売された。この2枚目に1965年7月26日にフランスの避暑地アンティーブで開催された「ジャズ・ア・ジュアン」における全4パートのライヴをフランス放送協会が録音していたものが収められている。2015年には『至上の愛:コンプリート・マスターズ(A Love Supreme: The Complete Masters)』CD、3枚組が発売された。

トリビュート[編集]

収録曲[編集]

オリジナルLP[編集]

1面

  • パート1:承認(Acknowledgement)
  • パート2:決意(Resolution)

2面

  • パート3:追求(Pursuance)+ パート4:賛美(Psalm)
    (パート3とパート4は一連の楽曲として演奏される)

デラックス・エディション(2002年)[編集]

ディスク1

  1. パート1:承認(Acknowledgement)
  2. パート2:決意(Resolution)
  3. パート3:追求(Pursuance)
  4. パート4:賛美(Psalm)

ディスク2

  1. イントロ(ライヴ)
  2. パート1:承認(Acknowledgement)(ライヴ)
  3. パート2:決意(Resolution)(ライヴ)
  4. パート3:追求(Pursuance)(ライヴ)
  5. パート4:賛美(Psalm)(ライヴ)
  6. パート2:決意(Resolution)(Alternate take)
  7. パート2:決意(Resolution)(Breakdown)
  8. パート1:承認(Acknowledgement)(Alternate take)
  9. パート1:承認(Acknowledgement)(Alternate take)

演奏メンバー[編集]

参考文献[編集]

  • アシュリー・カーン 『ジョン・コルトレーン「至上の愛」の真実 スピリチュアルな音楽の創作過程』 川嶋文丸訳、DU BOOKS2014年、新装改訂版。ISBN 978-4907583217
  • 藤岡靖洋 「第5章 決意」『コルトレーン ジャズの殉教者』 岩波書店〈岩波新書〉、2011年、159頁。ISBN ISBN 978-4004313038