聖水大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖水大橋
聖水大橋の夜景
聖水大橋の位置(ソウル内)
聖水大橋
各種表記
ハングル 성수대교
漢字 聖水大橋
発音 ソンスデギョ
日本語読み: せいすいおおはし
2000年式
MR式
英称
Seongsu daegyo
Sŏngsu taekyo
Seongsu Bridge
テンプレートを表示

聖水大橋(ソンスおおはし)は、大韓民国ソウル特別市城東区聖水洞と同市江南区狎鴎亭をつなぐ漢江に架けられた橋梁の1つである。

概説[編集]

聖水大橋崩落事故
事故当日の落橋現場
事故当日の落橋現場
日付 1994年10月21日
午前7時40分頃[1]
原因 吊り部材の溶接不良、
隅肉溶接の手抜き施工など[1]
死亡者 32人[1]
負傷者 17人[1]
テンプレートを表示

最初に架けられた橋は、東亜建設産業(日本の東亜建設工業とは無関係)が施行した[2]。橋長1,160メートル、幅19.4メートルの4車線橋で[3]1977年4月に着工し2年後の1979年10月に完成した。ところがわずか15年後の1994年10月21日に橋の中央部分が、およそ50メートルにわたって突然崩壊し[3]、通行中の乗用車漢星運輸韓国語版所属の16番市内バスなどが巻き込まれ32人が死亡、17人が重軽傷を負った[3][4]

原因は施工段階での手抜き工事で、建設会社と市側の監督責任者が刑事訴追された[3]。また、当時のソウルの李元鐘韓国語版市長が当時の金泳三大統領の手によって更迭されている[3](後に忠清北道知事になり、2006年まで職務を行っていた)。

この事故が起きた翌年の1995年6月29日には三豊百貨店がこれまた手抜き工事による崩壊事故を起こし、併せて同年の7月に災難管理法が制定されるきっかけとなった。また、この事故を契機に漢江にかかる全ての橋の緊急点検が行われ、その結果欠陥が発覚した堂山鉄橋が架け替えられることとなった。

1997年7月3日に再開通したが、2001年の調査でも手抜き工事が発覚している[5]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 韓国ソウル聖水大橋の崩落事故 失敗知識データベース
  2. ^ 韓国ソウル聖水大橋の崩落事故
  3. ^ a b c d e 世界災害史辞典、pp.260-261
  4. ^ 土木学会関西支部 編 『図解・橋の科学 なぜその形なのか? どう架けるのか?』 p.228 講談社(ブルーバックス B-1676) 2010年3月20日発行 ISBN 978-4-06-257676-5
  5. ^ 朝鮮日報:「94年崩壊」聖水大橋、またも不正工事(2007年9月30日付けのアーカイブキャッシュ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度32分13.04秒 東経127度2分6.04秒 / 北緯37.5369556度 東経127.0350111度 / 37.5369556; 127.0350111