緑一色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

緑一色(リューイーソー)とは、麻雀におけるのひとつ。役満二索 三索 四索 六索 八索 發だけを使って和了ったときに成立する。副露してもよい。その名が示す通り、手牌すべてを緑色で統一した和了形である。

概要[編集]

使用できる牌は二索 三索 四索 六索 八索 發の6種に限られる。したがって七対子形では作れない(七対子の4枚使いを認める場合はこの限りではない)。二索三索四索の順子でチーが可能である(チーして作ることができる役満は、ローカル役を除けば他に小四喜大三元しかなく、どちらも役に関係のない部分でしかチーできないので、緑一色は役に関係するチーが可能な唯一の役満である)。大抵の場合副露して和了に向かうことになるが、字牌系の役満にも劣らぬ派手な副露になって、少なからず警戒されることもある。最終形が高目・安目のある形になることもあり、一索四索待ちや二索五索待ちなどで安目に出た場合はただの混一色(もしくは清一色)になってしまう落差の激しい役でもある。難易度は高いものの理論上は四暗刻四槓子との複合がありうる。

歴史[編集]

元々の中国ルール・日本ルールには存在せず、アメリカ西海岸[1]で考案され逆輸入された役である[2]。緑一色という名称も英名のAll Greenを訳したもので、そのままカタカナでオールグリーンと別称されることもある[2][3]。古くは「全緑」「総緑」とも呼ばれた[4]。また、一説には潜水艦が潜行するとき艦内の照明が緑の蛍光灯(Goサイン)になることから考案された役とも言われている。なお、アメリカ発祥の役はこの他に七対子がある[1]

發の有無[編集]

ルールによっては、發対子または刻子で使うことを緑一色の必須条件としている場合がある。そもそも緑一色が日本に入ってきた当初は發が必須で、二索三索四索六索八索のみで構成された手(いわゆる發なし緑一色)は単なる断ヤオ九清一色として取り扱っていた。現在でも伝統的なルールを踏襲して、發なし緑一色を緑一色として認めないルールがある[2]

緑一色が日本に持ち込まれた当時、得点の上限は満貫だった[4]發ありの緑一色は当時から満貫役として扱われていたが、發のない形でも清一色と断ヤオ九の複合により数え満貫になった。つまり發が含まれようと含まれまいと得点は変わらないため[4]、わざわざ發なしの形を満貫役と定義しておく必要がなかった。ところがその後点数体系がどんどんインフレ化してゆき、タンヤオ清一色の価値が相対的に下がってくると、發を含まない形も緑一色として認めるようになり、現在では發の有無を問わないルールのほうが一般的になっている。逆に「發を使わない」という条件を課した方が、使える牌種が5種となり難易度が上がるため、發なし緑一色をダブル役満とするケースもある[5][6]中国麻雀では緑一色は最高位の88点役に設定されているが、複合役を加算する結果、發なし緑一色の方が發あり緑一色よりも価値が高くなっている。すなわち、發ありの場合は緑一色(88点)と混一色(6点)で計94点だが、發なしの場合は緑一色(88点)に清一色(24点)と断幺(2点)が加算されて計114点となる。

なお、比較的よく知られたローカル役満である一色四順にとっては唯一の複合可能役である。また、そうなった場合は緑一色の構成する牌の種類が最少の4種になる。牌姿は門前であれば4枚使いによる二盃口断ヤオ九清一色もしくは混一色となる。

牌姿の例[編集]

(例)緑一色が確定しているケース

二索二索三索三索四索四索六索六索發發   八索八索八索
六索發のシャンポン待ち。

(例)高目と安目があるケース

三索四索六索六索六索發發   四索二索三索   八索八索八索
二索五索のリャンメン待ち。二索なら緑一色で役満(子32000/親48000点)だが、安目の五索では緑一色にならず、単なるバカ混の2飜30符(子2000/親2900点)にしかならない。この牌姿では、高目と安目の差は実に16倍である。

(例)変則待ちのケース

二索二索三索三索四索四索六索八索八索八索   發發發
待ちは六索七索だが、七索では緑一色にならない。この牌姿では、八索で安目の待ちを消すことができる。あるいは、三索を引いて六索を切ることで、緑一色の確定する形に受け変えることができる。この例の他にも、緑一色が確定しない変則待ちは数多くのパターンがある。

(例)發のないケース

四索四索六索六索   二索二索二索   三索三索三索   八索八索八索
四索六索のシャンポン待ち。發ナシ緑一色を認めない場合、この手はチンイツタンヤオ対々和の倍満となる。

何を切っても役満テンパイ[編集]

麻雀クイズなどで、「(槓および副露のない状態で)何を切っても役満聴牌となる牌姿を作れ」という問題が出されることがある。正解は2つあるが、1つが緑一色に絡んだ下図の牌姿である。

二索二索二索二索四索四索四索四索八索八索八索發發發
ここからどの牌を切っても嵌三索の聴牌となる(八索または發の代わりに六索を使った形は二索を切った場合に三索の他に役満にならない五索の待ちがある)。この問題は1970年代に山川肇という人物によって考案されたものと言われており[7]片山まさゆきが同じ牌姿を『スーパーヅガン』の作中で使っている。

なお、もう1つは四喜和が絡んだ下図の牌姿である。

二索三索東東東南南南西西西北北北
字牌を切れば両面一四索の小四喜、数牌を切ればもう一方の数牌待ちでの大四喜四暗刻単騎となる。数牌は搭子を形成していれば何でも構わない。

脚注[編集]

  1. ^ a b 大隈秀夫 『マージャン金言集 敵に差をつける「読み」と「カン」光文社 カッパ・ブックス1974年。ISBN 表記なし、(分)0-2-76(製)00307(出)2271。p41。
  2. ^ a b c 佐々木寿人 『ヒサト流 リーチに強くなる麻雀入門』 成美堂出版2012年ISBN 9784415312231p99。
  3. ^ 栗原安行 『カラー版 麻雀教室』 日東書院1986年ISBN 4528004364p146が緑一色の項で、カッコ付きでオールグリーンと記載されている。
  4. ^ a b c 井出洋介監修 『平成版 麻雀新報知ルール』 報知新聞社1997年ISBN 9784831901187p112-p113。
  5. ^ NCSOFT. “緑一色(リューイーソー)| - 麻雀役 麻雀初心者のための「雀入門」”. 2012年5月23日閲覧。
  6. ^ ダブル役満 | 麻雀役を覚える講座”. 2012年5月23日閲覧。
  7. ^ 浅見了. “牌謎 (37) 緑の魔境”. 2011年1月12日閲覧。

関連項目[編集]

  • 麻雀の役一覧
  • 麻雀用語一覧
  • アメリカ麻雀
  • 紅孔雀 - 緑一色をヒントに考案されたローカル役満。緑一色とは逆で一索五索七索九索中を使う。使用可能な牌種が5種しかなく、順子を作ることもできないため、緑一色より難易度が高い。
  • 紅一点 - 緑一色の發中に置き換えた古役。中がないと發なし緑一色と同じ牌姿になるので、こちらは中が必須である。萬緑叢中紅一点ともいい、緑一色より歴史が古い。