二盃口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二盃口(リャンペーコー)とは、麻雀におけるのひとつ。その名の通り、一盃口が2つ出来ている和了形である。3翻。門前役。略してリャンペー[1]とも。古くは二色二順(りゃんそうりゃんしゅん)[2]と言ったり、両盃口[3]あるいは両般高と表記されることもあった。

概要[編集]

223344など同色同数の2順子を一盃口というが、一盃口が手の内に2組できている場合、二盃口という別の役として扱う。一盃口と同じく門前役であり、副露した場合は認められない。一盃口は比較的成立させやすい手軽な役だが、それが2つとなると途端に難易度が上がる。そのため出現頻度は低く、あまり頻繁に見ることのない珍しい手役である[4]

和了形は七対子と同じく7つの同一牌2枚使いという牌姿になることが多いが、使用する牌が連続した牌に限られるため、七対子よりも難しい。点数計算においても、25符2翻1600点の七対子に対し、二盃口は最低でも40符3翻5200点[5]になるので、高点法により必ず二盃口として計算する。対子7つではなく面子手として考えるため七対子とは複合しないが、順子を4つ持つ形であるため平和と複合しうる。

現在一般的なルールでは、二盃口は3翻役である。しかし古い入門書や傍流のルールブックでは扱いに差があり、2翻として扱われていたり[6][3]、役としては採用されていないケースもあった[2]

牌姿の例[編集]

(例)平和との複合 / 高目で二盃口になるケース

三萬三萬四萬四萬五萬五萬二筒二筒三筒三筒四筒九索九索
待ちは一筒四筒で、四筒なら平和・二盃口となる。一筒の場合は平和・一盃口のみ。

(例)4枚使いのあるケース

三萬三萬四萬四萬五萬五萬五萬五萬二筒二筒三筒四筒四筒
待ちは三筒。七対子では通常4枚使いは認められないが、二盃口は面子手なので、特に4枚使いがあっても構わない。このケースでは4枚使いの五萬のうち2枚が雀頭、もう2枚は一盃口の順子である。

(例)同一順子4組のあるケース

三萬三萬三萬三萬四萬四萬四萬四萬五萬五萬五萬二筒二筒
待ちは二萬五萬二筒一色三順三連刻といったローカル役を採用しない場合、まずロン和了では、二筒ロンでタンヤオのみ、二萬ロンでタンヤオ・三暗刻(3翻50符)、五萬ロンでタンヤオ・平和・二盃口(5翻)となる。高点法にのっとり二萬ではタンヤオ・平和・一盃口(3翻20符)に取らず、五萬ではタンヤオ・三暗刻(3翻)に取らない。ツモ和了した場合、二萬ツモならタンヤオ・平和・ツモ・一盃口(4翻20符)にとるよりタンヤオ・ツモ・三暗刻(4翻40符)にとったほうが高くなるが、五萬ツモならタンヤオ・ツモ・三暗刻(4翻)にとるよりタンヤオ・平和・ツモ・二盃口(6翻)にとったほうが高くなる。

(例)大車輪の形

二筒二筒三筒三筒四筒四筒五筒五筒六筒六筒七筒七筒八筒   八筒で和了
筒子の二から八までの対子を作った形を、大車輪という役満にするローカルルールもある。とはいえ、大車輪を採用していなくてもこの手は二盃口として解釈できるため、清一色・タンヤオ・平和・二盃口で三倍満である。

脚注[編集]

  1. ^ 古い麻雀書などには、「リャンペキ」とも略すと表記されているものがある。
  2. ^ a b 栗原安行 『カラー版 麻雀教室』 日東書院1986年ISBN 4528004364p67、p116。
  3. ^ a b 天野大三/青山敬 『新現代ルールによる図解麻雀入門』 梧桐書院1979年。ISBN 表記なし、0076-590868-2368。p84、p168では「二盃口」、p212、p215では「両盃口」と表記揺れがある。いずれでも2翻。
  4. ^ バビロン(馬場裕一) 『麻雀手役大事典』 毎日コミュニケーションズ2002年ISBN 4839908672p54、この書籍では二盃口の出現確率を0.1%としている。
  5. ^ 二盃口のみのロンあがり(3翻)。副底(20符)+門前加符(10符)+待ちや雀頭の符(つまり平和の条件を満たさない)
  6. ^ 横山竜介大村元『麻雀シリーズ3 わたしにもわかる マージャン役と点数の数え方』 西東社、1980年 p62。

関連項目[編集]