三色同刻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三色同刻(さんしょくドーコー)とは、麻雀におけるのひとつ。萬子索子筒子それぞれの色で同じ数字の刻子槓子も含む)を作ったときに成立する。2翻。喰い下がりはない。ただし、門前3翻、喰い下がり2翻とするローカルルールも存在する。ポンをして作ることが多いことから、三色同ポンとも呼ばれる。略称は三同刻(サンドーコー)、三同ポン。

概要[編集]

同じ三色役である三色同順と比べると出現頻度は非常に低い[1]。実戦でも滅多にお目に掛かることはなく、三槓子と並んで幻の2飜役と呼ばれることもある[1]。大抵の場合ポンして作ることになるが、2つ晒した時点で充分に目立ってしまうため、できれば最低1つは暗刻になっているのが望ましい。対々和と複合することが多いが、自力で3種とも暗刻にした場合は三暗刻と複合し、中張牌の三色同刻の場合はタンヤオと、一九牌の場合は混老頭と複合することもありうる。が、三色同刻自体が非常に珍しい役であるため、複合云々を考える以前に効率度外視であがりに行くようなケースも見られる。

牌姿の例[編集]

(例)対々和との複合 / 2副露したケース

二萬二萬二萬七索七索九索九索   二筒二筒二筒   二索二索二索
七索九索待ち。三色同刻は4つの面子のうち最低でも3つが刻子となるため、対々和と複合するケースが多い。

(例)三暗刻との複合 / メンゼンのケース

三萬三萬三萬三筒三筒三筒九筒九筒三索三索七索八索九索
対々和が複合しないケースで、ツモり三暗刻のケース。三索で三色同刻となるが、九筒ロンでは役がない片アガリの牌姿である。このような牌姿ではリーチをかけることが多いが、出アガリでは高目でも子5200点しかなく、難易度・出現頻度の割に点数的に報われない手役であるとも言える。

脚注[編集]

  1. ^ a b バビロン(馬場裕一) 『麻雀手役大事典』 毎日コミュニケーションズ2002年ISBN 4839908672p192、「三色同刻を作るのは三色同順を作るよりだいたい1000倍から2000倍は難しい」とある。また、役の解説自体が「幻の手役の章」の中にある。

関連項目[編集]