門前清自摸和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

門前清自摸和(メンゼンチンツモホー、略称ツモ)とは、麻雀におけるのひとつ。1翻。門前かつツモ和了の場合に成立する。

門前で(副露をせずに)ツモ和了するということは、自らの自摸だけで聴牌し、そして和了することを意味する。

槍槓河底人和以外の全ての役と複合する。そのため最も基本的な役と見なされている。

なお、本来は平和とは複合しないはずであるが、複合を認めるルールが普及している。詳細は平和の当該節を参照。

門前であっても、ロン和了の場合、門前清自摸和は成立しない。そのかわり、ロン和了の場合は符計算において門前加符10符が与えられる。詳細は麻雀の得点計算#符の計算を参照。

牌姿の例[編集]

(例)ツモのみのケース

三萬四萬五萬五萬六萬七萬一筒一筒一筒三索三索六索八索  ツモ七索
和了役はツモのみ。一筒の暗刻8符+嵌張待ち2符+ツモ符2符で40符1翻、子400-700、親700オール。
他に役がないため、ロン和了はできない牌姿である。

(例)他にも役があるケース

三萬四萬五萬三筒四筒五筒三索三索四索四索五索八索八索  ツモ五索
和了役はタンピン三色一盃口、これにツモの1飜が加わって計6飜。ツモ和了したことで満貫ではなく跳満になった牌姿。ただし、一部の地方ではツモと平和の複合を認めないルールになっていることがあり、その場合は平和が消滅して満貫どまりである。

関連項目[編集]