ダブル立直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダブル立直(ダブルリーチ)とは、麻雀におけるのひとつ。親は配牌、子は第1ツモの時点でテンパイし、第1打で立直した場合、通常の1翻ではなく2翻として計算する。ただし、第1打の前の自家による暗槓または他家によるチー・ポン・カンが入っていた場合は、第1打でのリーチ宣言でもダブル立直にはならず、通常のリーチとして扱われる。

二重立直W立直両立直とも表記される。いずれも読みは「ダブルリーチ」で、略してダブリーと言う場合が多い。関西では「リーチリーチ」を略してリーリーと呼ばれる場合もある。

概要[編集]

親の配牌または子の第1ツモの時点でテンパイすることは稀であり、あまり頻繁にお目にかかる役ではない。

(例)一萬一萬一萬四萬六筒七筒八筒三索四索五索北北西 の配牌から、第一ツモ五萬でテンパイ、打西でダブル立直。

上の例のように第1打の時点で両面待ちになっているものならば、多くの場合迷わずダブリーを打つことになる。しかし、テンパイはしていても待ちが充分形になっていることは少なく、下の例のように手作りをしたほうが高得点を狙える場合など、局面や期待値によってはダブリーをかけない選択肢もありうる。

(例)三萬四萬五萬四筒四筒四筒七筒三索四索五索七索八索八索   第一ツモ九索   ドラ表示牌七筒

八索単騎か七筒単騎のテンパイを取れる牌姿だが、どちらの待ちに取るにしても充分形とは言い難い。とりあえずの単騎に取り、両面以上の待ちに変化することを見込んで、敢えてダブリーをかけない戦略を取ることは充分に考えうる。七筒を残すならドラの八筒引きに対応でき、八索を残すならツモ六索でタンヤオ確定の三面張、ツモ七索で高目一盃口平和になる。暗刻の四筒まわりを引けば、高目三色変則三面張にもなる。九索を切ってテンパイ取らずとする手もあるが、その場合は三色になる牌を引いた時に一手遅れになる。

初巡の途中流局とダブルリーチが同時に発生した場合[編集]

チー・ポン・カンのない純粋な初巡に、例えば南家がダブルリーチを掛け、そのあとに西家あるいは北家が九種九牌を宣言した場合、九種九牌が優先されて流局となる。すなわち、ダブルリーチが掛かっていても途中流局が優先される。[1][2]

四風連打についても同様である。例えば、東家が南を切り、南家が南を切ってダブルリーチ、そのあと西家と北家も南を切った場合、ダブルリーチと四風連打が同時に成立しているが、四風連打が優先されて流局となる[1][3]。ダブリーをかけた者の出したリーチ棒は供託となる[3]

そのあと親の連荘になるか親流れになるかは連荘#流局と連荘に関わる細目ルールの採用状況を参照。

歴史[編集]

古い時代のルールでは、現在のダブル立直に当たるものは単に「立直」と呼ばれていた[4]。この時代、立直は配牌の時点でしか宣言できず、現在の立直に当たる役は存在しなかった。ところが、局の途中でもテンパイを宣言できる「途中リーチ」のルールが考案され、これが現在の立直として爆発的に広まると、「立直」という語は初巡リーチではなく途中リーチのほうを指すようになった。この途中リーチと区別するため、もともとの立直は「ダブル立直」と呼ばれるようになった。名称については、途中リーチの2倍で2翻とすることからダブル立直になったという説と、本来のリーチと途中リーチが重なった役であることからダブル立直になったという説がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Maru-Jan. “ルール”. 2013年4月12日閲覧。九種九牌と四風連打についての注記に「ダブルリーチが入った場合も成立」と明記されている。
  2. ^ 井出洋介監修 『平成版 麻雀新報知ルール』 報知新聞社1997年ISBN 9784831901187p136-p137。
  3. ^ a b 井出洋介監修 『平成版 麻雀新報知ルール』 報知新聞社1997年ISBN 9784831901187p138-p139。
  4. ^ バビロン(馬場裕一) 『麻雀手役大事典』 毎日コミュニケーションズ2002年ISBN 4839908672p179、「現行のルールにおけるダブルリーチこそが現在のリーチの原形で、元々はリーチといえばダブルリーチのことであった」「今で言うリーチはかつては途中リーチと呼ばれていた」とある(大意)。

関連項目[編集]