緑の島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
緑の島
Midorinoshima.jpg
函館山から眺めた緑の島
座標 北緯41度46分17秒 東経140度42分51秒 / 北緯41.77139度 東経140.71417度 / 41.77139; 140.71417座標: 北緯41度46分17秒 東経140度42分51秒 / 北緯41.77139度 東経140.71417度 / 41.77139; 140.71417
面積 0.08 km²
海岸線長 1.118 km
最大都市 北海道函館市
所属国・地域 日本の旗 日本
テンプレートを表示

緑の島(みどりのしま)は、北海道函館市にある人工島函館港の港湾緑地であり、港湾管理者である函館市が管理している。

概要[編集]

函館港の万代・港町泊地浚渫工事によって生じた土砂を利用し、港内を護岸で囲って確保した処分場工事によって誕生した埋立地であり、埋立土量は約70万立方メートルになる。新島襄に因んた「新島橋」で陸地と繋がっており、陸地側には「新島襄海外渡航記念碑」が建立している。大町地区にあり、散策遠足釣りなどのほかスポーツイベントの会場としても利用している。なお、『函館港花火大会』や『道新花火大会』開催時、天候状況などによって入場を規制または禁止する場合がある[1]

緑の島概要
所在地 函館市大町15
外周 1,118 m
面積 80,000 m²
開放時間 9:00 - 20:00(4月から9月、12月)
9:00 - 17:00(10月から11月、1月から3月)
閉鎖期間 1月1日から1月3日
備考 ペット入場禁止[2]

沿革[編集]

緑の島の活用については、水族館第三セクターによるウォーターフロント開発の中核施設建設などの計画が持ち上がり[3][4][5]1997年平成9年)には函館市コクドが「函館アクアコミュニティ構想」における基本協定を締結したが[6]、大観覧車建設による景観問題や収支計画における採算面に市議会や市民から厳しい見方が強まり[7][8][9]2001年(平成13年)に建設を断念した[10]。その後も函館市は規模を縮小しての水族館(海の生態科学館)やコンベンション施設建設を検討していたが[11][12][13]2007年(平成19年)に事業断念を表明した[注 1][16]

年表

施設[編集]

  • 多目的広場、カラー舗装広場、石畳広場
  • 遊歩道
  • 駐車スペース(約200台)

イベント・ライヴ[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ なお、2014年平成26年)に旧函館どつく跡地に水産・海洋分野の研究開発拠点などとなる施設「函館市国際水産・海洋総合研究センター」[14]2015年(平成27年)には市内湯川町にスポーツやコンベンションなどの多目的施設「函館アリーナ」がオープンしている[15]

出典

  1. ^ 緑の島の閉鎖について”. 函館市. 2018年5月24日閲覧。
  2. ^ 「緑の島」ペット禁止について”. 函館市. 2018年5月24日閲覧。
  3. ^ 難航のマリンパーク構想 湯川立地を断念 市長表明 緑の島で水族館整備”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1990年12月13日). 2018年5月24日閲覧。
  4. ^ 函館港の観光構想*コクドが参画検討*「緑の島」*水族館など整備へ*第三セクターの中核に”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1994年11月29日). 2018年5月24日閲覧。
  5. ^ <函館港を考える>第4部 転機の海に*8*生まれ変わる水際(下)*官民の情報交換カギ*一貫性ある施設整備を”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1994年12月17日). 2018年5月24日閲覧。
  6. ^ 函館港緑の島レジャー施設*基本協定26日調印*市とコクド*2000年オープン”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1997年2月24日). 2018年5月24日閲覧。
  7. ^ 函館市の水族館構想*100メートル級観覧車を計画*コクド*新たに景観問題も”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1999年9月4日). 2018年5月24日閲覧。
  8. ^ 函館市・アクアコミュニティ計画*水族館核の基本構想明らかに*2003年開業へ大きく前進*採算面、景観調和が課題”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2000年9月9日). 2018年5月24日閲覧。
  9. ^ <波動>函館港アクアコミュニティ計画*難問群れなす念願の水族館*採算は? “70万人入場”に疑問符*大観覧車「自慢の景観を損なう」”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2000年10月1日). 2018年5月24日閲覧。
  10. ^ <アクア断念>下*水族館*市長は建設に意欲*財政厳しく実現不透明”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2001年12月5日). 2018年5月24日閲覧。
  11. ^ <どうなんリポート>一度は断念…今度は「社会教育」*再び浮上 水族館論議*市「小規模で」*本年度から調査、検討*求められる情報公開”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年6月29日). 2018年5月24日閲覧。
  12. ^ 「海の生態科学館」素案を検証*ソフト重視で個性化”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2005年2月2日). 2018年5月24日閲覧。
  13. ^ 函館市、補正予算案発表*一般会計*1.9%減 1242億円*21億円余りを追加*縄文文化交流センター*整備推進費500万円”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2007年6月12日). 2018年5月24日閲覧。
  14. ^ 函館市国際水産・海洋総合研究センター”. 函館市公式観光情報サイトはこぶら. 2018年5月25日閲覧。
  15. ^ 函館アリーナ”. 函館市公式観光情報サイトはこぶら. 2018年5月25日閲覧。
  16. ^ 北洋資料館と水族館について”. 函館市. 2018年5月24日閲覧。
  17. ^ 緑の島 | 函館スポットマップ”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE. 2018年5月24日閲覧。
  18. ^ 「緑の島」の旧アクア予定地*駐車場、広場に整備*7月にも無料開放”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2002年2月20日). 2018年5月24日閲覧。
  19. ^ 「緑の島」通年開放へ”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2003年6月20日). 2018年5月24日閲覧。
  20. ^ みなとオアシス函館”. 北海道開発局. 2018年5月24日閲覧。
  21. ^ 「緑の島」準備完了 全面供用開始”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2015年4月16日). 2018年5月24日閲覧。
  22. ^ 函館港 緑の島 豆知識”. 北海道開発局函館開発建設部. 2018年5月22日閲覧。
  23. ^ 道南函館黒船”. 2018年5月24日閲覧。
  24. ^ ドリームボックスきょう開幕、ブルーインパルスリハーサル”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2009年8月9日). 2018年5月24日閲覧。
  25. ^ みんなで踊ろうおんどこどん!の“ミッキー音頭”in函館 そしていよいよ7月からはパークへ!”. 東京ディズニーリゾート (2014年6月22日). 2018年5月22日閲覧。
  26. ^ GLAY × HOKKAIDO 150 GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3”. GLAY公式サイト. 2018年7月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]