紙の爆弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

紙の爆弾』(かみのばくだん)は、株式会社鹿砦社が発行する雑誌である。「死滅したジャーナリズムを越えて、<スキャンダリズム>の旗を掲げ愚直に巨悪とタブーに挑む」を標榜する。

2005年4月、発行人松岡利康、編集人中川志大によって創刊された月刊誌。創刊時の発行部数は2万部。毎月7日発売。

概説[編集]

当初は、同社から発行されていた季刊誌「スキャンダル大戦争」の単なる月刊化と[誰によって?]評され、装丁のセンスやライターの技量などにも[誰によって?]疑問符がつけられていたが、2つの出来事がきっかけで雑誌としての方向性が定まってきたと[誰によって?]いわれる。

ひとつは、創刊3号目~5号目に村上純穏によって発表された「噂の眞相を総括する」という岡留安則批判の記事である。同社から2003年に発行された『平成の芸能裁判大全』は村上の著作であり、その中には岡留のインタビューが収録されていた。その村上が、板坂剛宅八郎安部譲二白取千夏雄(月刊『ガロ』元副編集長)といった岡留の天敵を引っ張り出してインタビューを行いながら、岡留や『噂の眞相』を鋭く批判したことは画期的であった。ともに反体制・反権力ジャーナリズムを標榜する立場ながら是々非々の論考を貫いたことで、誰であれ批判を手控えない「タブーに挑む」強い決意のあらわれと[誰によって?]思わせた。

そして何よりの転機は、2005年7月12日の松岡逮捕であった。発行物およびWebサイトで、パチンコ会社のアルゼ、プロ野球チーム阪神タイガースの元職員を中傷した容疑により、鹿砦社は家宅捜索を受け、業務に必要な書類をことごとく押収された。さらに長期にわたる勾留で事務所は閉鎖、社員を解雇せざるを得ず、事実上壊滅状態に陥った。しかし、編集人中川や、支払いのメドがたたない状態でも書き続けたライター、その他支援者の尽力で、同誌は一時隔月刊でつなぎながらも生き残った。これにより同社は、関係者の連帯、言論弾圧とのたたかい、巨悪へ挑むより強い決意などを自覚した。

同誌は創刊当初は定価500円で110ページだったが、2007年5月号現在では厚みを増して144ページ、連載は8本、執筆するライターも10人を超えている模様だ。

なお、現在は発行人も中川になっており、2007年5月号限りで松岡は同誌から退いた。今後は、中川を中心とした若いライターや編集者によって再出発する。

過去の主な執筆者[編集]

五十音順

関連項目[編集]

外部リンク[編集]