紙の爆弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

紙の爆弾』(かみのばくだん)は、株式会社鹿砦社が発行する雑誌である。「死滅したジャーナリズムを越えて、<スキャンダリズム>の旗を掲げ愚直に巨悪とタブーに挑む」を標榜する。

2005年4月、発行人松岡利康、編集人中川志大によって創刊された月刊誌。創刊時の発行部数は2万部。毎月7日発売。

概説[編集]

本誌の創刊以前の2004年に、鹿砦社がマスコミ・出版・芸能界関係者に向けてファクシミリ通信で送信していた「鹿砦社通信」をまとめた同名の書籍[1]が発行されている。雑誌名は、その書籍にちなむ[2]

当初は、同社から発行されていた季刊誌『スキャンダル大戦争』の単なる月刊化と[誰によって?]評され、装丁のセンスやライターの技量などにも[誰によって?]疑問符がつけられていたが、2つの出来事がきっかけで雑誌としての方向性が定まってきたと[誰によって?]いわれる。

ひとつは、創刊3号目~5号目に村上純穏によって発表された「噂の眞相を総括する」という岡留安則批判の記事である。同社から2003年に発行された『平成の芸能裁判大全』は村上の著作であり、その中には岡留のインタビューが収録されていた。その村上が、板坂剛宅八郎安部譲二白取千夏雄(月刊『ガロ』元副編集長)といった岡留の天敵を引っ張り出してインタビューを行いながら、岡留や『噂の眞相』を鋭く批判したことは画期的であった。ともに反体制・反権力ジャーナリズムを標榜する立場ながら是々非々の論考を貫いたことで、誰であれ批判を手控えない「タブーに挑む」強い決意のあらわれと[誰によって?]思わせた。

2005年7月12日の、発行人の松岡が逮捕されたことで、同誌は大きな転機を迎えた。発行物およびWebサイトで、パチンコ会社のアルゼ、プロ野球チーム阪神タイガースの元職員を中傷した容疑により、鹿砦社は家宅捜索を受け、業務に必要な書類をことごとく押収された。松岡が長期にわたって勾留されたため、事務所の閉鎖や社員の解雇を余儀なくされ、事実上の壊滅状態に陥った。しかし、編集人である中川や、支払いのメドがたたない状態でも書き続けたライター、その他支援者の尽力で、一時こそ隔月刊に追い込まれたものの、ついに廃刊を免れた。

同誌は創刊当初は定価500円で110ページだったが、2007年5月号現在では厚みを増して144ページを擁し、連載は8本、執筆するライターも10人を超えたと称している。

なお、現在は中川が発行人を兼務しており、2007年5月号限りで松岡は同誌から退いた。代わって、中川を中心とした若いライターや編集者が発行の中核を担っている。

過去の主な執筆者[編集]

五十音順

脚注[編集]

  1. ^ 鹿砦社編集部『紙の爆弾―縮刷版・鹿砦社通信』鹿砦社、2004年、ISBN 4-8463-0561-9 / ISBN 978-4-8463-0561-1
  2. ^ [連載]鹿砦社・松岡社長の「暴露の花園♪」第3回 嫌がらせするファンと、徹底無視するマスコミ……ジャニーズを守る敵との日々、サイゾーウーマン、2010年8月21日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]