笑ひのガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
笑ひのガス
Laughing Gas
Laughing Gas (poster).jpg
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン
フリッツ・シェイド
アリス・ハウエル
ジョゼフ・サザランド
スリム・サマーヴィル
ジョゼフ・スウィッカード
マック・スウェイン
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年7月9日
上映時間 16分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

笑ひのガス』(Laughing Gas) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社による製作で、監督はチャールズ・チャップリン。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演20作目にあたる[1][注釈 1]

あらすじ[ソースを編集]

チャーリーは歯科医(フリッツ・シェイド英語版)のもとで歯科助手を務めていたが、ある時歯科医のふりをして患者に麻酔笑気麻酔?)を与えたところ、突然患者が笑い出して患者もチャーリーも笑いが止まらなくなり、チャーリーはクラブで一殴りして患者を黙らせる。チャーリーの頓珍漢な治療は続き、別の患者と格闘したり、歯科医の妻(アリス・ハウエル英語版)のスカートをつまみあげたりと大騒ぎ。ついには巨大ペンチで患者の正常な歯を引っこ抜いてしまう[2]

背景[ソースを編集]

歯科は、チャップリンが少年期に直接接し、のちに自身も身を置いたミュージックホールの世界においては定番のネタであった[3]。チャップリンは『笑ひのガス』の完成後に『チャップリンの道具方』と『チャップリンの画工』を続けて撮影するが、結果としての出来栄えの差はあれど、3作連続でヴォードヴィルに由来する作品を手掛けることとなった[3]

キャスト[ソースを編集]

etc

日本語吹替[ソースを編集]

俳優 日本語吹替
チャールズ・チャップリン 高木渉
フリッツ・シェイド 駒谷昌男
アリス・ハウエル 小宮和枝
(ナレーター) 羽佐間道夫
この作品はサイレント映画だが、チャップリンのデビュー100周年を記念し、日本チャップリン協会監修のもと、スターチャンネルで日本語吹替が製作された[5]

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く

出典[ソースを編集]

  1. ^ #大野 (2007) p.252
  2. ^ #Imdb
  3. ^ a b #ロビンソン (上) p.166
  4. ^ 吹替で蘇る!チャップリン笑劇場”. STAR CHANNEL. 2014年11月1日閲覧。
  5. ^ 笑いのガス”. STAR CHANNEL. 2014年11月1日閲覧。

参考文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]