一日の行楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一日の行楽
A Day’s Pleasure
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
製作 チャーリー・チャップリン
撮影 ローランド・トザロー
編集 チャーリー・チャップリン
配給 ファースト・ナショナル社
公開 1919年12月15日
上映時間 18分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

一日の行楽』 (A Day's Pleasure)は、チャーリー・チャップリンのファースト・ナショナル社 (First National Films) における4作目の映画。チャップリンは当時すでに大作「キッド」の撮影に取り掛かっていたが、本作は撮影の中断期間中に、急ごしらえで製作された2巻物である。内容は、チャップリンと妻、そして子供たちが行楽に出掛け、いろいろなことがうまくいかない様子を描いたもの。妻役はエドナ・パーヴァイアンスで、子供たちの内、末っ子の男の子をジャッキー・クーガンが演じている。映画冒頭で、チャップリンが自動車のエンジンを掛けようと苦労する場面は、チャップリン・スタジオの前で撮影された。

評価[編集]

「一日の行楽」は、チャップリンのファースト・ナショナル社時代の全作品中、最も印象の薄いものと見なされている。当時の批評家たちも、本作についてはあまり反応していなかった。公開当時のニューヨーク・タイムズでは、「他のコメディアンより面白いところがほとんどない」(he is little, if any, funnier than many other screen comedians.)と評されている。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]