チャップリンの替玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャップリンの替玉Jefedetienda.jpg
The Floorwalker
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
ヴィンセント・ブライアン
製作 チャーリー・チャップリン
撮影 ウィリアム・C・フォスター
ローランド・トザロー
配給 ミューチュアル・フィルム・コーポレーション
公開 1916年5月15日
上映時間 24分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示
チャップリンの替玉

チャップリンの替玉』(The Floorwalker) は、チャーリー・チャップリンがミューチュアル社(Mutual Film Corporation)で最初に製作したサイレント映画である。1916年の作品。別邦題に『チャップリンのエスカレーター』がある。チャップリンは百貨店の客として登場し、店長が店の売上金を盗むのを見つけてしまう。

追いかけっこの場面は、エスカレーターで繰り広げられ、どんなに速く走っても、エスカレーターが逆送しているため人物が同じ位置に留まってしまうギャグなど、スラップスティック・コメディならではの効果が発揮されている。また本作は、エスカレーターが映画に登場した最初の作品として知られる。エドナ・パーヴァイアンスは、エリック・キャンベル演じる店長の秘書という小さな役で出演している。

キャスト[編集]

日本語吹替[編集]

俳優 日本語吹替
チャールズ・チャップリン 杉田智和
エリック・キャンベル 宝亀克寿
エドナ・パーヴァイアンス 野沢雅子
アルバート・オースチン 羽佐間道夫
(ナレーター) 近石真介
この作品はサイレント映画だが、チャップリンのデビュー100周年を記念し、日本チャップリン協会監修のもと、日本語吹替が製作された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 吹替で蘇る!チャップリン笑劇場”. STAR CHANNEL. 2014年8月28日閲覧。
  2. ^ チャップリンの替玉”. STAR CHANNEL. 2014年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]