竹内太郎 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけうち たろう
竹内 太郎
生年月日 (1990-04-08) 1990年4月8日(29歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 174 cm
血液型 B型[1]
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2010年 -
著名な家族 竹内由恵(姉)
清水一行(祖父)
清水草一 (叔父)
テンプレートを表示

竹内 太郎(たけうち たろう、1990年4月8日 - )は、日本実業家、元俳優タレント

natural tech株式会社株式会社Tokyo Marketers代表取締役CEO

東京都出身[2]慶應義塾大学法学部政治学科卒業[3]。身長174cm[2]

略歴・人物[編集]

祖父は作家の清水一行、叔父は自動車評論家の清水草一、姉はテレビ朝日アナウンサーの竹内由恵[1]。小学校の6年間をニューヨークで過ごし、中学時代は日本で、高校時代はチューリッヒロンドンで過ごす[3]。高校3年生のときに日本に戻り、スカウトされ芸能界入りする[3][4]

2010年にテレビドラマ『ジェネラル・ルージュの凱旋』でデビュー[5]。デビュー時はスターダストプロモーション(芸能6部)に所属していた[6]

2012年から2014年の間、ホリエージェンシーに所属する。2014年、映画『百瀬、こっちを向いて。』にて主人公の相手役を務める[3][1]

趣味は音楽鑑賞、特技はサッカーテニス[2]英検1級、漢検2級の資格を持つ[2]

2014年3月、姉が勤務するテレビ朝日系列のテレビドラマ・映画の出演はないものの、中居正広の怪しい噂の集まる図書館で姉と共演した。

2014年4月に芸能界を引退。同年ディー・エヌ・エーに入社し、EC事業本部でデジタルマーケティングや新規事業開発を担当。

2016年7月より、P&Gジャパン・マーケティング本部に転職入社。パンパースなどのベビーケアブランドのブランドマーケティングを歴任した後に、高級化粧品ブランドSK-IIの日本・中国市場のブランドマーケティングを歴任。ブランド経営コンセプト開発・広告開発・デジタルオフラインで包括的なマーケティングプラン開発を担う。 SK-IIを担当した1年間で担当領域の売上を昨対200%成長させ、社長賞を受賞。その後、独立しnatural tech株式会社株式会社Tokyo Marketersを創業[2]


出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

モデル[編集]

  • 学生服「KURI-ORI」カタログモデル(2011年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “【イケメン発掘調査隊】第76回『百瀬、こっちを向いて。』竹内太郎”. シネマトゥデイ. (2014年5月1日). http://www.cinematoday.jp/page/A0004119 2014年7月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d e P&Gマーケを経て創業した竹内太郎「MADE IN JAPANの高品質製品を世界へ」|naturaltech 代表竹内太郎”. niantic. 2020年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月3日閲覧。
  3. ^ a b c d “『百瀬、こっちを向いて。』で初主演 高学歴イケメン・竹内太郎(1/4)”. CREA Web. (2014年4月25日). http://crea.bunshun.jp/articles/-/5132 2014年7月6日閲覧。 
  4. ^ “お疲れ様々。”. 竹内太郎オフィシャルブログ. (2012年12月30日). オリジナルの2014年9月25日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140925045300/http://ameblo.jp/ha-taketaroy84/entry-11438229554.html 2014年7月6日閲覧。 
  5. ^ a b “笑顔がさわやかな新人イケメン俳優・竹内太郎が NHK「楽ごはん」のMCに挑戦中!”. ザテレビジョン. (2011年5月23日). http://news.thetv.jp/article/22220/ 2014年7月6日閲覧。 
  6. ^ 所属タレント > 竹内太郎”. スターダストプロモーション. 2010年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月2日閲覧。

7.竹内太郎インタビュー記事よりアーカイブ。2020年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]