竹下節子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹下節子(たけした せつこ、1951年 - )は、パリ在住の文化史家、評論家。

1974年東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業、76年同大学院比較文学比較文化専攻修士課程修了。パリ大学博士課程やフランスの高等研究実習院 (fr:École pratique des hautes études) などでも学ぶ。カトリックエゾテリスム (fr:Ésotérisme) の歴史を専攻していた。最初の著作『パリのマリア』は、友人の中沢新一の勧めによって書かれた[1]

宗教思想史や神秘思想史に造詣が深く、そうした領域の著書を多数著している。また、室内楽アンサンブルのグループを主宰するなど、多様な文化活動を行うほか、比較文化の視点からの評論などもものしている。政治思想的には反安保、反テロ等準備罪、反自衛隊、中国の東シナ海への派遣行為に対する日本の安全保障の強化反対、帝国時代の日本を断罪するなどの主張が見られる。

著書[編集]

  • 『パリのマリア ヨーロッパは奇跡を愛する』筑摩書房 1994
  • 『ヨーロッパの死者の書ちくま新書 1995
  • 『聖女伝 自己を癒す力』筑摩書房 1995
  • 『奇跡の泉ルルドヘ』NTT出版 1996
  • 『バロックの聖女 聖性と魔性のゆらぎ』工作舎 1996 ISBN 978-4-87502-268-8
  • ジャンヌ・ダルク 超異端の聖女』講談社現代新書 1997
  • 『聖母マリア 〈異端〉から〈女王〉へ』講談社選書メチエ 1998 
  • ローマ法王』ちくま新書 1998 のち中公文庫
  • 『聖者の宇宙』青土社 1998 のち中公文庫 
  • ノストラダムスの生涯』朝日新聞社 1998
  • 『さよならノストラダムス』文藝春秋 1999
  • 『カルトか宗教か』文春新書 1999
  • 『テロリズムの彼方へ、我らを導くものは何か』文春ネスコ 2001
  • 『からくり人形の夢 人間・機械・近代ヨーロッパ』岩波書店 2001
  • 『不思議の国サウジアラビア パラドクス・パラダイス』文春新書 2001 
  • 『キリスト教』講談社選書メチエ 2002
  • バロック音楽はなぜ癒すのか 現代によみがえる心身音楽』音楽之友社 2003
  • 『聖女の条件 万能の聖母マリアと不可能の聖女リタ』中央公論新社 2004
  • 『大人のためのスピリチュアル「超」入門』中央公論新社 2005
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ伝説の虚実 創られた物語と西洋思想の系譜』中央公論新社 2006
  • 『アメリカに「NO」と言える国』文春新書 2006
  • 『「弱い父」ヨセフ キリスト教における父権と父性』講談社選書メチエ 2007
  • 『無神論 二千年の混沌と相克を超えて』中公叢書、2010 
  • 『陰謀論にダマされるな!』ベスト新書、2010 
  • 『キリスト教の真実』ちくま新書、2012 
  • 『人生を活性化する25錠』ドン・ボスコ社、2012 
  • 『聖女ジャンヌ・ダルクの炎上と復活』白水社、2013 
  • ユダ 烙印された負の符号の心性史』中央公論新社、2014 
  • 『フリーメイスン もうひとつの近代史』講談社選書メチエ、2015 
  • 『キリスト教の謎 奇跡を数字から読み解く』中央公論新社、2016
  • 『人生に希望の種を蒔く25の話』ドン・ボスコ社、2016
  • 『ナポレオンと神』青土社、2016

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『パリのマリア』あとがき

外部リンク[編集]