秋本吉徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋本 吉徳(あきもと よしのり、1947年 - )は、日本国文学者清泉女子大学文学部日本語日本文学科教授駿台予備学校古文講師でもある。お茶の水校・横浜校に出講している。元東大進学塾エミール古文科講師。

経歴[編集]

人物[編集]

駿台古文科の古参。講習会では「国語融合問題」講座で現代文科の二戸宏羲とペアで授業を行ったりもする。解法はあくまで正攻法にこだわり、論理的である。

大学では上代文学を担当。研究専攻は風土記万葉集古事記。日本芸能史の研究も行っている。

編著書[編集]

寄稿[編集]

  • 「古文を自分のものにする学習法」 宮崎尊 『モリモリ勇気の出る受験勉強の集中講義』 (草思社1990年、pp.168-175.)
  • 「広場(エッセイ)」 『駿台フォーラム』第15号
  • 「大学と高校のはざまで」 特集「教育変革と新しい予備校像」 『駿台フォーラム』第19号

外部リンク[編集]