福田蘭童

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

福田 蘭童(ふくだ らんどう、1905年5月15日 - 1976年10月8日)は、日本音楽家

本名は石渡 幸彦(いしわた さちひこ)。洋画家青木繁と、同じく洋画家の福田たね(1885年 - 1968年[1])の長男として茨城県真壁郡伊讃村川島(現在の筑西市)の木賃宿で生まれる(ただし正式な結婚ではなかったため、出生届はたねの末弟として提出されている)。福田家の援助により、茨城や栃木を転々として育つ。2歳で父と生別。青木は父親の葬儀のために故郷の九州に赴いたまま戻らず、それを追って母たねも蘭童を実家において家を出た。その3年後、父が九州で放浪の末に病死。たねの父・福田豊吉は教師で、栃木県水橋村で私塾を開いており、父母を知らずに育った。水橋村から三里ほど離れた真岡中学へ通学。13歳のとき東京の学校へ転校[注釈 1]

上京して、すぐに同郷の小林氏という英語教師の家を訪ねた際、床の間にたてかけてあった尺八を無断で触って叱られ立腹し、その足でまず、東京の小泉尺八研究所の門を叩き、琴古流の基礎訓練を受け始めた[注釈 2]。次に、琴古流の関口月童に師事し、3年ほど地唄、琴唄、本曲などを学ぶ。この間、町田桜園からピアノを、高階哲夫からヴァイオリンの手ほどきを受ける。月童死去後、琴古流の水野呂童に師事。呂童の下を離れてからは尺八師匠となる。同時に、中央音楽院で室崎琴月からピアノを、宮内省雅楽部の奥好寛からフルートの吹奏法を学んだ[注釈 3]尺八奏者としてラジオ放送や演奏会で知られる傍ら、作曲家としても活動した[注釈 4]日本放送協会のラジオ番組「新諸国物語笛吹童子」のオープニングテーマ及び劇中曲を手がけるなど、ラジオ草創期においてその才能を発揮した。また、料理釣りにも長じた趣味人として知られ、志賀直哉谷崎潤一郎菊池寛久保田万太郎吉川英治井伏鱒二川端康成阿川弘之開高健など多くの文化人と交流があった。[2]

また映画音楽も手がけたが、1935年、映画撮影の為にロケ地の伊豆大島へ向かう途中の船上で出演女優の川崎弘子強姦する事件を引き起こし、世間の批判を浴びた。この事件については、松竹蒲田撮影所の所長であった城戸四郎に責任をとるように迫られ、妻と離婚し川崎と再婚した。

長男の石橋エータローは、前妻との子供である。

著書[編集]

  • 白河小唄 福田蘭童 作曲,白鳥省吾 作歌,松原千加士 編曲 草野茂 1930[注釈 5]
  • 蘭童捕物帳 福田蘭童 著 四季社 1951
  • 新日本膝栗毛 : 虚無僧道中記 福田蘭童 著 創元社 1952
  • 風流點々記 福田蘭童 著 要書房 1953
  • 海千山千 福田蘭童 著 創元社 1953
  • 蘭童風流譚 福田蘭童 著 桃園書房 1954
  • うわばみ行脚 福田蘭童 著 近代社 1955
  • ぬらくら夜話 福田蘭童 著 高風館 1955
  • うわばみの舌先 福田蘭童 著 朝日新聞社 1955 (朝日文化手帖)
  • 蘭童作家観 福田蘭童 著 近代社 1956
  • いろはにほへど : 随筆 福田蘭童 著 美和書院 1956
  • 蝸牛道中記 福田蘭童 著 創芸社 1956
  • 井の外の蛙 福田蘭童 著 実業之日本社 1960
  • おんな風土記 福田蘭童 著 実業之日本社 1961
  • この目で見た赤い国の恋 福田蘭童 著 一水社 1965 (かもめ新書)
  • 蘭童つり自伝 福田蘭童 著 報知新聞社 1966
  • 世界つり歩き 福田蘭童 著 報知新聞社 1967
  • 釣った魚はこうして料理 福田蘭童 著 文化出版局 1971
  • 風流釣れ釣れ草 福田蘭童 著 東京新聞出版局 1973
  • わが釣魚伝 福田蘭童 著 二見書房 1976 (釣魚名著シリーズ) のち『わが釣魚伝 小学館釣り選書』として小学館から電子書籍で再刊
  • サオをかついで世界漫遊 : 蘭童つり自伝 福田蘭童 著 グリーンアロー出版社 1976 (グリーンアロー・ブックス)
  • 珍道中膝栗毛 : 蘭童青春放浪記 上下 福田蘭童 著 グリーンアロー出版社 1976 (グリーンアロー・ブックス)
  • うわばみ行脚 : 続・珍道中膝栗毛 福田蘭童 著 グリーンアロー出版社 1976 (グリーンアロー・ブックス)
  • 志賀先生の台所 : 随筆 福田蘭童 著 現代企画室 1977 のち旺文社文庫
  • 画家の後裔 青木繁 絵,福田蘭童, 石橋エータロー 文 講談社 1979 (講談社文庫)
  • 月草の夢 福田蘭童 作曲,沢井忠夫 編曲 邦楽社 1988
  • 椿咲く村 福田蘭童 作曲,沢井忠夫 編曲 邦楽社 1988
  • 月光弄笛 福田蘭童 作曲,沢井忠夫 編曲 邦楽社 1990
  • 福田蘭童の釣った魚はこうして料理 福田蘭童 著,池内紀 編・解説 五月書房 1997 (池内紀のちいさな図書館)
  • 夕暮幻想曲 福田蘭童 作曲,沢井忠夫 編曲 邦楽社 2005

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 雷の恐怖から逃れるための転校であった、と福田は記している。福田蘭童「尺八の音に寄せる」RCA株式会社、1976年LP『月草の夢―福田蘭童尺八名曲集』ライナーノーツ所収
  2. ^ 本郷団子坂下の裏通りにあった。福田蘭童「尺八の音に寄せる」RCA株式会社、1976年LP『月草の夢―福田蘭童尺八名曲集』ライナーノーツ所収
  3. ^ フルートのタンギングの方法を尺八の吹奏に当てはめ、尺八の音の連続の歯切れの悪さを改善し、20年近くかけて尺八吹奏法を完成させた。福田蘭童「尺八の音に寄せる」RCA株式会社、1976年LP『月草の夢―福田蘭童尺八名曲集』ライナーノーツ所収
  4. ^ 尺八吹奏法完成の後、音を長く続かせることを目的として、ヴァイオリン教則本であるスポーアーやタイスの瞑想曲チゴイネルワイゼンなどの洋曲の吹奏を試みた。尺八の音域が狭いため、さらに長い年月をかけてこれまでに出せなかった音を出せるようにし、指法の工夫をしては数多くの高音が出せることを発見した。その指法や奏法を門弟らに伝えた。横山蘭畝が内弟子として師と苦労をともにし、さらにその息子の横山勝也が蘭童の吹奏法を継承した。尺八の美音を活かす尺八独奏曲を洋楽の知識を基に作成。練習曲や幻想風作品も生まれた。福田蘭童「尺八の音に寄せる」RCA株式会社、1976年LP『月草の夢―福田蘭童尺八名曲集』ライナーノーツ所収
  5. ^ この他1930年松本文雄作歌の「牡丹小唄」が福田による作曲で存在すると『民謡集虫のゐどころ』松本文雄 著 宏文館 1931の巻頭記載事項にて確認できる。

出典[編集]

  1. ^ 福田たね日本人名大辞典
  2. ^ 福田蘭童「尺八の音に寄せる」RCA株式会社、1976年LP『月草の夢―福田蘭童尺八名曲集』ライナーノーツ所収

外部リンク[編集]