室崎琴月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

室崎 琴月(むろざき きんげつ、1891年明治24年) - 1977年昭和52年))は、日本作曲家。本名は清太郎(せいたろう)[1]

生涯[編集]

  • 1891年明治24年)2月20日、富山県高岡市木舟町の綿糸商室崎清七、ハツの次男として生まれる。
  • 1910年(明治43年)富山県立高岡中学校(現県立高岡高等学校)卒業。音楽家を目指して上京する。
  • 1913年大正2年)東京音楽学校(現東京芸術大学音楽学部)本科ピアノ科に入学。作曲を始める。
  • 1917年(大正6年)同校卒業。研究科に進み、本格的な作曲活動に入る。私立の「中央音楽学校」を創設。
  • 1921年(大正10年)児童雑誌「白鳩」に掲載の葛原しげるの詩「夕日」に感動し作曲。童謡「夕日」が誕生する。
  • 1922年(大正11年)絵雑誌「コドモノクニ」の童謡作曲を担当。童謡作曲家として幅広く活躍する。
  • 1943年昭和18年)日本作曲協会名誉大賞を受賞。後も東京芸術大学音楽功労賞・富山県文化賞など多数受賞。
  • 1945年(昭和20年)戦災で全てを焼失し帰郷。母校の県立高岡中学校音楽教師として奉職する。
  • 1947年(昭和22年)高岡に中央音楽学校分教場を設置。高岡市民合唱団・高岡児童合唱団を組織し、指導する。
  • 1953年(昭和28年)現本丸町に独立分校舎完成。高岡婦人合唱団結成。翌年「ぎんぎら会」発足。
  • 1968年(昭和43年)東京に中央音楽学院を再建。東京と高岡とで、作曲と音楽教育に精力的に活動する。
  • 1977年(昭和52年)3月21日、東京にて永眠。享年86歳。[2]

代表的な作品[編集]

  • 夕日(作詞:葛原しげる)

脚注[編集]

  1. ^ 企画展「ふるさとの偉人」主催 高岡市立博物館 平成11年6月発行
  2. ^ 越中人譚 第13号