神田千里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神田 千里(かんだ ちさと、男性、1949年12月 - )は、日本歴史学者。専門は日本中世史(中世後期の宗教社会史)。前東洋大学文学部教授東京都出身。

略歴[編集]

武蔵高等学校、1976年東京大学文学部卒、1983年同大学院博士課程単位取得退学。99年「一向一揆と戦国社会」で東大文学博士高知大学人文学部助教授、東洋大学文学部教授。2020年定年退任。

専門は中世後期の宗教社会史で、一向一揆の研究を展開しているほか、京都を中心とする室町将軍の管轄領域である戦国期の「天下」と織田政権・諸大名の関わりについても研究を発表している。また、中世の土一揆島原の乱の共通点に着目した論考も発表している。

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『蓮如と一向一揆 蓮如大系 第5巻』法蔵館、1996年
  • 『民衆の導師 蓮如 日本の名僧13』吉川弘文館、2004年
  • 『大系真宗史料 文書記録編3 戦国教団』法蔵館、2014年。真宗史料刊行会編

テレビ出演[編集]