石幡信弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石幡 信弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県福島市
生年月日 (1944-07-29) 1944年7月29日(74歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト5位
初出場 1970年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石幡 信弘(いしはた のぶひろ、1944年7月29日 - )は、福島県福島市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

福島商業高を中退し、社会人野球の清峰伸銅へ入団。1964年から補強選手もふくめて3回連続都市対抗野球大会に出場したが、チーム解散の悲運に見舞われ、1966年富士重工業に入部。4回目の出場となる1969年都市対抗野球大会では、準決勝で大昭和製紙三輪田勝利と投げ合い1対0で撃破。電電関東との決勝戦も6回まで1対0とリードするが、豪雨で再試合となる。再試合でも9回裏まで1対0と優勝寸前であったが、四球を発端にまさかの逆転負けを喫した。この大会で石幡は全試合に先発し、左腕からの大きなカーブを武器に好投、久慈賞を獲得して注目される。

1969年プロ野球ドラフト会議大洋ホエールズから5位指名を受け入団[1]

プロ入り後は先発で結果を残せず、変化球を活かして中継ぎで起用されたが、1973年には登板機会がなくなり同年オフに現役を引退[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 大洋 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 4 0.1 1 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0.00 9.00
1971 11 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 75 18.0 18 0 4 0 0 11 1 0 5 3 1.50 1.22
1972 12 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 67 15.0 16 1 9 0 0 6 0 0 5 5 3.00 1.67
通算:3年 25 4 0 0 0 0 1 -- -- .000 146 33.1 35 1 15 0 0 18 1 0 10 8 2.18 1.50

背番号[編集]

  • 47 (1970年 - 1972年)
  • 48 (1973年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、44ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]