石巻市立門脇小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石巻市立門脇小学校
震災前撮影
過去の名称 門脇尋常小学校
門脇国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 石巻市
設立年月日 1873年
閉校年月日 2015年3月31日
共学・別学 男女共学
所在地 986-0834
宮城県石巻市門脇町4丁目2-11
仮校舎:石巻市立門脇中学校
(宮城県石巻市泉町四丁目7-12)
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

石巻市立門脇小学校(いしのまきしりつ かどのわきしょうがっこう)は、宮城県石巻市にあった公立小学校である[1]。東日本大震災における適切な避難が評価された[2]

沿革[編集]

閉校時の学区[編集]

門脇町二丁目、門脇町三丁目、門脇町四丁目、門脇町五丁目、日和が丘二丁目(11番から13番まで)、日和が丘四丁目、南光町一丁目、南浜町一丁目、南浜町二丁目、雲雀野町一丁目、雲雀野町二丁目、潮見町、南浜町三丁目、南浜町四丁目、南光町二丁目(1番を除く。)[4]

卒業後[編集]

  • 石巻市立門脇中学校へ進学[5]

閉校に関して[編集]

東日本大震災により門脇小学校学区内の人口が減少し、今後も人口増加が見込めないため2015年をもって門脇小学校を閉校し、石巻小学校と統合することとなった[6]

東日本大震災[編集]

2011年3月11日に発生した東日本大震災によって被災した。かねてより裏山の避難訓練が実施されていた。震災当日、一部の生徒は下校していたが校内には240人の生徒が残っていた(全校生徒300人)が、地震直後より教師の誘導の元に裏山に登らせた。一旦下校して戻ってきた人数を含めて275名の生徒が裏山に登った。生徒の保護者らも迎えに学校に来ていたが、『いちいち確認できない』として保護者も山に登らせた。校舎には新たに避難してくる人を誘導するために4人の職員が残っていた。やがて住宅や電柱をなぎ倒して津波が押し寄せてきたので、校舎に残っていた住民(40人)と職員も急いで裏山に避難した。

学校のある地区での津波の高さは6mを超えた。校庭に停めてあった保護者の車を含め、多数の自動車が流された。やがて漏れ出したガソリンが引火して校舎は炎に包まれた。津波と余震のために消火活動は出来ず、火災は3日間継続した。生徒らは4カ所の避難所に分かれて生活した。震災では在校していた生徒は全員無事であったが、既に下校していた生徒のうち7名が死亡した。適切な避難が出来ず過半数の生徒が死亡した石巻市立大川小学校と対照的とされた[2]

震災遺構に関して[編集]

被災した校舎は損傷が酷く放棄された。震災遺構として保存し、教訓を後世に伝えるべきという声もある一方、地元住民には早期の解体撤去を望む声も多かった。2013年時点で既に多くの被災建築物が解体されていたものの、校舎については震災遺構として部分的な保存が図られることとなった。保存場所は同校跡地または南浜地区に整備予定の復興祈念公園となる予定である。[7][8]。校庭は近隣の学校が運動場として使うために2013年現在整備が進んでいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “母校の思い出忘れない 石巻・門脇小閉校式”. 河北新報(河北新報社). (2015年3月23日)
  2. ^ a b 『証言3・11:東日本大震災 石巻・門脇小、校内の児童無事 「裏山へ」訓練生きた』毎日新聞 2012年02月24日
  3. ^ 門脇小学校沿革
  4. ^ 小学校学区一覧 - 石巻市公式HP(2014年5月2日現在、2015年3月8日閲覧)
  5. ^ 中学校学区一覧 - 石巻市公式HP(2014年5月2日現在、2015年3月8日閲覧)
  6. ^ 門脇小、石巻小に15年度統合 児童数増加見込めず 宮城 - 2014年3月6日 河北新報(2015年3月8日閲覧)
  7. ^ 「門脇小、震災遺構に」検討委が提言へ - 2014年11月21日河北新報(2015年3月8日閲覧)
  8. ^ <震災遺構>大川小全体保存 門脇小は一部 - 2016年3月26日河北新報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]