百葉箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スティーブンソン式百葉箱の外観
スティーブンソン式百葉箱の内部

百葉箱(ひゃくようそう、ひゃくようばこ[注 1])とは、気象観測のために設置する温度計などの観測機器を日射から遮蔽するとともに雨や雪から保護するための装置([2]。百葉箱や雨量計などを設置した気象観測のための場所を「露場」という。

歴史[編集]

大阪市営地下鉄のホームにあった百葉箱
(2007年3月・淀屋橋駅

19世紀中頃、イギリスで研究され始めた。開発初期の百葉箱は箱型ではなく屋根付きの板であり、今に見る箱型の百葉箱(スティーブンソン型百葉箱)が使われ始めたのは1873年からである。

日本では1874年7月に内務省測量司がイギリスより導入したのが始まりである。当初は英語表現の "double louvre boarded box" を直訳した「二重百葉窓の箱」[3]あるいは「板簾」と訳され、1886年に制定公布された気象観測法で「百葉箱」という言葉が初めて使われた。全国の小学校の校庭にも設置されるようになったのは1953年に理科教育振興法が施行されてからで、文部省の奨励もあったからと言われることもあるが、第二次世界大戦前から小学校に百葉箱は設置されており、気象観測が行われていた。しかし、1990年代には気象台測候所などの気象官署での百葉箱による気温の観測は廃止されており、百葉箱に代わって強制通風筒と呼ばれる装置による気温の観測が行われている[4]

こうした通風筒に温度計や湿度計を組み込んだ装置を、現代版の百葉箱と称することもある[5]。これら新型観測機器では、データが自動送信され、人間が目視・筆写する必要がないタイプが多い。

変わったところでは、大阪市営地下鉄の地下にあるプラットホーム上にも百葉箱が設置されていた。列車が風を起こす環境下で温度・湿度を測定するために、最初の区間が開業した翌年の1934年に淀屋橋駅に初めて設置され、大阪のみならず全国の地下冷房整備などの計画立案にも貢献してきたが、技術の進歩により測定機器を百葉箱に収める必要がなくなり、2012年以降撤去が進んでいる[6]

仕様と種類[編集]

仕様[編集]

一般的なスティーブンソン式の百葉箱では、より正確な気温を計測するため、以下のような工夫がなされている。

  • 良質の木材で製作される[2]を中へ伝えにくくするためである。
  • 放射熱をなるべく遮断できるよう外側は白色で塗られている[2]
  • 外気温を正確に測るには通風が必要なため、側面は二重の鎧戸、天面と底面はすのこ張りの二重構造である[2]
    • 側面の鎧戸には双葉式と単葉式がある。
    • 屋根には両屋根式と片屋根式がある。
  • 扉側から直射日光が入らないように設置する[2]。扉は北半球では向きに、南半球では南向きに設置されている。
  • 百葉箱を設置する場所の地面は芝生またはその地域に自然の地表面とする[2]
  • 各地点の観測データの相互比較のため、世界気象機関では地上1.25〜2.0m(日本の気象庁では1.5m)の高さで測定することを基準としている[2]

種類[編集]

  • スティーブンソン式
    • 気象庁1号型
    • 気象庁2号型
    • 気象庁3号型
  • 壁掛型
  • 鉄柱型

特徴(観測値の誤差)[編集]

百葉箱の内側の気温はできるだけ外気温と一致しているように通風が必要である[2]。しかし、百葉箱の通風は側面や底面などからの自然通風が一般的であるため、観測される値は昼間にはやや高く、夜間にはやや低くなり誤差を生じることがわかっている[2]。昼間の場合、実際の気温よりも年平均気温では約0.1°C、最高気温の年平均値では約0.2°C、晴れて風が弱い日における日中の最高気温では約1°C高めに観測されるという特徴がある[7]

日本の気象庁では天井部にファンを取り付けて強制通風するようにした百葉箱を使用していたが[2]、1990年代には強制通風筒による観測に取って代わられている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 呼称については「ひゃくようばこ」の読みが定着しているが、本来は「百葉窓」の変化であるため「ひゃくようそう」と読むのが正しいといわれるが[1]、呼称は統一されていない。箱の音読みは「そう」であり、「ひゃくようばこ」はいわゆる重箱読みとなる。

出典[編集]

  1. ^ 森田正光. “森田さんのお天気ですかァ? お天気Q&A”. TBSテレビ. 2007年2月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 気象観測の手引き (PDF)”. 気象庁. 2016年10月20日閲覧。
  3. ^ 山本 哲, C153 東京気象台1875(明治8)年観測開始期のメタ情報(2)(大気と海洋のデータレスキューの現状とその利活用,専門分科会)”. 日本気象学会2015年度春季大会. 日本気象学会 (2015年4月30日). 2017年4月19日閲覧。
  4. ^ a b 気温を正確に測るには (PDF)”. 農業環境技術研究所. 2016年10月20日閲覧。
  5. ^ 【fileいい話】「百葉箱」の現代版 好調/屋外用温湿度検出器・相互電機『日刊工業新聞』2017年6月27日(電機・電子部品・情報・通信面)
  6. ^ 編集長敬白:消える大阪市交の「百葉箱」。”. 鉄道ホビダス. ネコ・パブリッシング (2012年7月25日). 2013年3月11日閲覧。
  7. ^ 温暖化と都市緑化Q&A - 「Q1.4 地上観測データの補正量の大きさは?」A1.4 気温の項を参照

外部リンク[編集]