FORMOSAT-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FORMOSAT-2 / 福爾摩沙衛星二號
Model of FORMOSAT-2 in NSPO, Taiwan.JPG
所属 NSPO
主製造業者 NSPO、アストリウム
公式ページ FORMOSAT-2
国際標識番号 2004-018A
カタログ番号 28254
状態 運用終了[1]
目的 リモートセンシング / 科学観測
設計寿命 5年(信頼性>70%)[2]
打上げ機 トーラスXL
打上げ日時 2004年5月19日
17時47分00秒 (UTC) [3]
停波日 2016年8月19日
物理的特長
本体寸法 外径:1.6m、高さ:2.4m [2]
質量 750 kg [3]
姿勢制御方式 リアクションホイール、マグネットモータ [4]
軌道要素
周回対象 地球
軌道 太陽同期軌道 [2]
近点高度 (hp) 764.0 km [3]
遠点高度 (ha) 767.0 km [3]
離心率 (e) 99.1° [3]
軌道周期 (P) 100.1分 [3]
観測機器
RSI Remote Sensing Instrument [5]
ISUAL Imager of Sprites and Upper Atmospheric Lightning [5]

FORMOSAT-2 (フォルモサ衛星2号/フォルモサット2、中国語:福爾摩沙衛星二號) は台湾二機目の高解像度地球観測衛星国家宇宙計画局(NSPO,現:台湾国家宇宙センター)によって開発された初のリモートセンシング衛星である[6]

概要[編集]

2004年5月19日アメリカヴァンデンバーグ空軍基地からトーラスXLによって打ち上げられた[3]。2004年7月4日より撮影ミッションを開始する[4]。元々はROCSAT-2(Republic Of China Satellite-2)という名前だったが、2004年12月にFORMOSAT-2と改名された[7]。開発費用は4.7百万台湾ドル[2]

FORMOSAT-2は民間のニーズを満たすため、台湾島とその周辺海域を準リアルタイムでリモートセンシングする[2]。集められたデータは自然災害の評価や、農業応用、都市計画戦略、環境監視、海洋監視に用いられる[7]解像度は多波長で8m、パンクロで2m[8]。撮影された画像はSpot Image英語版で利用できる[9]

主要受託業者のアストリウム英語版はROCSAT-2のバス機(Leostar-500-XO)とリモートセンシグ装置(RSI)を提供した[7]。 映像処理システム(IPS)はNSPOが独自に開発した[6]

リモートセンシングのほかにも、レッドスプライト大気光といった自然現象の科学観測を行った[4]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 福爾摩沙衛星二號光榮除役感恩茶會”. NSPO. 2016年8月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 世界の地球観測衛星「FORMOSAT 2」”. リモート・センシング技術センター. 2010年4月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Rocsat 2 - NSSDC ID: 2004-018A”. NASA. 2010年4月16日閲覧。
  4. ^ a b c FORMOSAT-2 Achievements”. NSPO. 2010年4月16日閲覧。
  5. ^ a b FORMOSAT-2 Instruments”. NSPO. 2010年4月16日閲覧。
  6. ^ a b FORMOSAT-2 Program Description”. NSPO. 2010年4月16日閲覧。
  7. ^ a b c ROCSAT 2 / FORMOSAT 2”. Gunter's Space Page. 2010年4月16日閲覧。
  8. ^ FORMOSAT-2 Features”. NSPO. 2010年4月16日閲覧。
  9. ^ FORMOSAT-2画像”. SPOT IMAGE. 2010年4月16日閲覧。