FORMOSAT-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FORMOSAT-1 / 福爾摩沙衛星一號
所属 NSPO
公式ページ 中華衛星一號
国際標識番号 1999-002A
カタログ番号 25616
状態 運用終了
目的 地球観測衛星
観測対象 電離層、大洋
打上げ機 アテナI
打上げ日時 1999年1月27日
00:34:02 (UTC)
運用終了日 2004年6月16日
物理的特長
本体寸法 高さ: 2.1 m、直径: 1.1 m
質量 401.0 kg
発生電力 450.0 W
軌道要素
軌道 地球周回円軌道
近点高度 (hp) 589.0 km
遠点高度 (ha) 601.0 km
軌道傾斜角 (i) 35.0°
軌道周期 (P) 91.4分

FORMOSAT-1 (フォルモサット1、中国語:福爾摩沙衛星一號) は台湾初の科学実験衛星電離層大洋を観測する地球観測衛星である。台湾の国家宇宙計画局(NSPO)によって運用された。ROCSAT-1(Republic Of China Satellite-1)とも呼ばれる。

宇宙機と装置はNSPOとTRWの共同で開発された。六角柱型で、太陽電池パネルを2枚搭載。1999年1月16日、アメリカのケープカナベラル空軍基地よりアテナIによって打ち上げられた。

2004年6月16日にミッションは正式に終了となった。

搭載装置[編集]

  • ECP: Experimental Communication Payload
  • IPEI: Ionosphere Plasma Electrodynamics Instrument
  • OCI: Ocean Color Imager

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]