甲斐錦勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甲斐錦 勝(かいにしき まさる、1920年10月31日- )は、山梨県山梨市牧丘町(現役当時は東山梨郡中牧村)出身で、二所ノ関部屋(入門時は松ヶ根部屋)に所属した大相撲力士。本名は鶴田 勝(つるた まさる)。最高位は西前頭12枚目(1950年5月場所)。現役時代の体格は175cm、86kg。得意手は左四つ、吊り、寄り。

来歴・人物[編集]

17歳の時に上京し、元小結紅葉川が率いる松ヶ根部屋へ入門。1938年5月場所で初土俵を踏んだ。同期生には、後の横綱吉葉山や小結・大起などがいる。当初の四股名は、本名と同一の「鶴田」。改名後の「甲斐錦」は、故郷・山梨県の旧称・甲斐に因む。

三段目時代と新十両昇進時(1945年6月場所後)に応召された事も災いして出世は遅れ、初土俵から新入幕1949年5月場所)まで、およそ11年を要した。二所ノ関部屋に移ったのは、1950年1月場所からである。

体重90kgに満たない小兵であったが、左四つからの吊りや寄りが得意で、しぶとい相撲を取った。しかし、幕内在位は5場所に留まり、幕内に於いての勝ち越しもわずか2度(1949年5月場所…8勝7敗、1950年1月場所…9勝6敗)に終わっている。平幕時代の栃錦と対戦した事がある。

現役晩年は十両11枚目まで陥落し、1951年5月場所後、30歳で廃業

甥に、プロレスラーとして活躍したジャンボ鶴田(本名・鶴田友美(~ともみ))がいる。 甲斐錦が角界を去る直前の、1951年3月に誕生した。出身地は、叔父の甲斐錦と同じ山梨市牧丘町。

主な戦績[編集]

  • 現役在位:25場所
  • 通算成績:115勝116敗15休 勝率.498
  • 幕内在位:5場所
  • 幕内成績:29勝46敗 勝率.387

場所別成績[編集]

                             

甲斐錦 勝
春場所 夏場所 秋場所
1938年
(昭和13年)
x (前相撲) x
1939年
(昭和14年)
(前相撲) (前相撲) x
1940年
(昭和15年)
西 序ノ口 #25
7–1 
西 序二段 #28
5–3 
x
1941年
(昭和16年)
西 三段目 #57

兵役
 
x x
1942年
(昭和17年)
東 三段目 #61
5–3 
西 三段目 #6
6–2 
x
1943年
(昭和18年)
東 幕下 #32
4–4 
西 幕下 #26
4–4 
x
1944年
(昭和19年)
東 幕下 #22
4–4 
東 幕下 #16
3–2 
東 幕下 #10
3–2 
1945年
(昭和20年)
x 東 幕下 #2
3–3 
西 十両 #13

未帰還
 
1946年
(昭和21年)
x x 西 十両
7–6 
1947年
(昭和22年)
x 西 十両 #6
6–4 
西 十両 #2
3–8 
1948年
(昭和23年)
x 東 十両 #7
7–4 
東 十両 #3
6–5 
1949年
(昭和24年)
東 十両 #1
9–4 
東 前頭 #17
8–7 
東 前頭 #14
5–10 
1950年
(昭和25年)
西 前頭 #17
9–6 
西 前頭 #12
3–12 
東 前頭 #19
4–11 
1951年
(昭和26年)
西 十両 #4
4–11 
東 十両 #11
引退
0–0–15
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 鶴田(つるた、1940年1月場所)
  • 甲斐錦(かいにしき、1940年5月場所-1951年5月場所)

関連項目[編集]