田辺昭三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

田辺 昭三(たなべ しょうぞう、1933年 - 2006年2月20日)は、日本の考古学者須恵器の研究や、日本における水中考古学の研究に先鞭をつけたことで知られる。

経歴[編集]

静岡県菊川町(現菊川市)出身。1948年、登呂遺跡の発掘作業に参加。同年、白岩遺跡の発掘作業も手伝った。これらの経験から考古学に傾倒していった。1952年、静岡県立掛川西高等学校を卒業。

立命館大学大学院を修了後、平安高等学校教諭、奈良大学助教授を経て同教授に就任。さらに、京都市埋蔵文化財研究所調査部長、京都芸術短期大学教授・京都造形芸術大学教授、神戸山手大学教授を歴任した。

1973年2月、平安京調査会の発足に伴い、代表に就任した。同会は1976年11月、六勝寺研究会、鳥羽離宮跡調査研究所と統合して京都市埋蔵文化財研究所となった。同所調査部長時代には、平安京跡の発掘調査を主導。また、大阪府堺市南部の陶邑窯跡群(すえむらようせきぐん)の発掘を行った。このとき出土した須恵器編年史をまとめた研究(『須恵器大成』角川書店)が評価され、1983年に日本学士院賞を受賞した。森浩一に続いて田辺が構築した陶邑窯の須恵器編年は、「田辺編年」として知られ、古墳時代奈良時代遺跡の年代決定の指標となり、日本考古学史に多大な影響を残した[1]

1988年、広島県の宇治島南方で沈没船が発見された。1867年に坂本龍馬らが乗船し、紀州藩の明光丸と衝突して沈没した「いろは丸」(「いろは丸展示館」の項を参照)ではないかとの声が挙がった。田辺が所長を務める水中考古学研究所は、1988年と翌1989年の2回にわたって調査を行い、この船がいろは丸である可能性が高いとの結論を得た。

京都造形芸術大学教授時代の1995年及び1996年には、中国の尼雅(ニヤ)遺跡群の研究にも参加した。

掛川市に蔵書約14,000冊を寄贈。これを受け、同市立図書館内に「田辺文庫」が設けられた。

2001年初頭、劇症肝炎に罹患するが快復。しかし2006年2月20日午後11時45分、肝不全のため京都市北区の病院で死去。72歳。

著書[編集]

  • 『謎の女王卑弥呼 邪馬台国とその時代』徳間書店、1968 のち角川文庫
  • 『古墳の謎』祥伝社〈ノンブック)1972
  • 『陶磁大系 4 -須恵-』 平凡社 1975
  • 『発掘―埋もれた世界に挑む』平凡社カラー新書、1978
  • 『西安案内』平凡社カラー新書、1979
  • 『須恵器大成』角川書店、1981
  • 『探訪中国の史跡』角川書店、1982
  • 『卑弥呼以後―甦る空白の世界』徳間書店、1982
  • 『遺跡を掘る』角川選書、1983
  • 『よみがえる湖都―大津の宮時代を探る』日本放送出版協会〈NHKブックス〉、1983
  • 『古代史発見の旅』角川書店、1990

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪府立近つ飛鳥博物館 2006『年代のものさし‐陶邑の須恵器‐』p60~p65・p76

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]