田坂虎之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田坂 虎之助
たさか とらのすけ
生誕 1850年12月6日
日本の旗 安芸国 広島
死没 (1919-01-25) 1919年1月25日(68歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国 神奈川県 逗子
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1875 - 1902
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―少将.svg 陸軍少将
除隊後 測地学委員会臨時委員
墓所 青山霊園
テンプレートを表示

田坂 虎之助(たさか とらのすけ、1850年12月6日嘉永3年11月3日) - 1919年(大正8年)1月25日)は、日本陸軍軍人。日本における測地測量の基礎を築いた。最終階級は陸軍少将

経歴[編集]

嘉永3年に広島藩士田坂佐久六の次男として広島城下に生まれる。広島藩校修道館(現修道中学校・修道高等学校)出身[1][2]。また三原洋学所にて英語などの洋学を学ぶ。1871年1月2日(明治3年11月12日)に伏見満宮の随員としてドイツ(当時のプロイセン)に留学を命ぜられ[3]測量地図作成の技術を学ぶ。1875年(明治8年)12月20日、在独のまま陸軍少尉に任官[4]し、1878年(明治11年)8月23日陸軍中尉に、1880年(明治13年)12月27日陸軍工兵大尉に昇進。

1882年(明治15年)5月1日帰朝被仰付となり[5]、同年10月に帰朝し、参謀本部測量課に勤務。1885年(明治18年)3月28日に陸軍工兵少佐に昇進し[6]、同年4月に参謀本部測量局三角測量課長となる。1886年(明治19年)3月29日には本初子午線並計時法審査委員を、1887年(明治20年)1月25日には改正兵語字書審査委員を[7]それぞれ仰せ付けられる。

同年3月23日には、ドイツでの長年に亘る在留経験を買われ、ドイツ帝国皇族フレデリック・レオポール親王来航に付き、式部官長崎省吾らとともに接待掛を命ぜられる[8]。同年4月7日、兼任建設局三等技師・奏任官三等[9]。参謀本部測量局が陸地測量部となった1888年(明治21年)5月14日には初代の三角科長に就任[10]し、1889年(明治22年)4月30日、万国測地学協会委員を仰せつかる[11]

同年11月2日には陸軍工兵中佐に昇進[12]1891年(明治24年)5月に設置された日本水準原点の創設に貢献しており、原点の水晶目盛が埋め込まれている船形石に「陸地測量部三角科長陸軍工兵中佐従六位勲六等田坂虎之助」と名が彫刻されている。

1895年(明治28年)5月12日に陸軍工兵大佐に昇進[13]1898年(明治31年)5月23日、明治31年勅令第84号により発足したばかりの測地学委員会(現在の科学技術・学術審議会測地学分科会の前身)の委員を仰せつかる[14]1902年(明治35年)5月5日には陸軍少将に昇進し、同日予備役に編入した[15]が、翌日付で引き続き陸地測量部三角科業務嘱託となる。同年5月21日には測地学委員会委員を退任するも、同日付で同委員会臨時委員を仰せつかり[16]、引き続き審議に参画する。1905年(明治38年)10月16日、後備役に編入[17]1906年(明治39年)9月、ハンガリー国ブダペストにて開催された第15回万国測地学協会総会に木村栄とともに参列[18]1909年(明治42年)4月1日に退役した[19]

1918年(大正7年)5月8日には、病弱を理由に測地学委員会臨時委員を退任する[20]。1919年(大正8年)1月25日、肺炎にて病没。墓所は青山霊園

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ 地図測量の300人 http://www5a.biglobe.ne.jp/kaempfer/archive/ac-otona/300nin-1.pdf
  2. ^ 陸軍の測量 http://uenishi.on.coocan.jp/j664sanbou.html
  3. ^ 『太政官日誌』明治3年第54号
  4. ^ 『太政官日誌』明治9年第27号
  5. ^ 明治15年 「大日記 5月 宣告辞令進退諸達伺 陸軍省総務局」(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C04030540100 
  6. ^ 『官報』第536号、明治18年4月18日。
  7. ^ 『官報』第1070号、明治20年1月27日。
  8. ^ 『官報』第1117号、明治20年3月25日。
  9. ^ 『官報』第1130号、明治20年4月9日。
  10. ^ 『官報』第1462号、明治21年5月17日。
  11. ^ 『官報』第1750号、明治22年5月3日。
  12. ^ 『官報』第1907号、明治22年11月5日。
  13. ^ 『官報』第3561号、明治28年5月16日。
  14. ^ 『官報』第4467号、明治31年5月24日。
  15. ^ 『官報』第5648号、明治35年5月6日。
  16. ^ 『官報』第5662号、明治35年5月22日。
  17. ^ 『官報』第6917号、明治39年7月20日。
  18. ^ 『官報』第7331号、明治40年12月4日。
  19. ^ 『官報』第7754号、明治42年5月4日。
  20. ^ 『官報』第1728号、大正7年5月9日。
  21. ^ 『太政官日誌』明治9年第63号
  22. ^ 明治14年1月6月 「大日記 進退 1 参進」自1号至257号(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C07080547700 
  23. ^ 『官報』第629号、明治18年8月5日。
  24. ^ 『官報』第1628号、明治21年12月1日。
  25. ^ 『官報』第1936号、明治22年12月10日。
  26. ^ 『官報』第2551号、明治25年1月4日。
  27. ^ 『官報』第3131号、明治26年12月5日。
  28. ^ 『官報』第3704号、明治28年11月1日。
  29. ^ 『官報』第3717号、明治28年11月16日。
  30. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」、明治28年4月1日。
  31. ^ 『官報』第5304号、明治34年3月12日。
  32. ^ 『官報』第6901号、明治39年7月2日。
  33. ^ 『官報』第1326号、明治20年11月29日。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]