田中拓馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか たくま
田中 拓馬
田中 拓馬
ナショナルジオグラフィックチャネル・エクゼクティブ・プロデューサーで、エミー賞受賞作家・ロバートパランボ(Robert Palumbo)によるポートレート
生年月日 (1977-04-22) 1977年4月22日(43歳)
出生地 東京都江戸川区
身長 167cm
血液型 O型
職業 画家
ジャンル ファインアート
テンプレートを表示

田中 拓馬(たなか たくま、1977年 - )は、東京都出身の日本画家。イギリス国立美術館、アルスター博物館に絵画作品「Blue Rose」収蔵。

経歴[編集]

1977年東京都江戸川区に生まれる。埼玉県越谷市にて幼少期を過ごす。埼玉県立浦和高校進学。千葉大学に入学するも中退。早稲田大学法学部に進学する。

弁護士を目指すが、二度の司法試験不合格で体調を崩し、リハビリのために絵を始める。大道芸人のピーター・フランクルに影響を受け、浦和の路上で絵画販売を始める。1枚1,000円という破格の値段とポップな画風が高評価を受け、多くの作品を販売する。銀座でも路上販売を開始。

リーマン・ショックをキッカケに売上が激減する。新天地を求め、上海へ。上海の大手ギャラリー杰藝術で、日本留学経験のあるオーナーに気に入られ、個展の権利を手に入れる。なお、同ギャラリーでは日本人初の個展となる。

ブルックリンPIEROGI GALLERYでも取り扱われる。2015年、ニューヨークのNPO団体Chasamaで個展を開催。

2018年、イギリス国立美術館、アルスター博物館に絵画作品「Blue Rose」が収蔵される。

生前のアンディ・ウォーホール、サルバドール・ダリらと交流があったRobert Duponttwinに作品が認められ、エージェント契約を結ぶ。

影響を受けた画家[編集]

四谷アート・ステュディウムにて岡崎乾二郎の講座を受講。

「もっともうまい画家」としてレンブラントの名を上げる。[1]

来歴[編集]

  • 1996年 - 埼玉県立浦和高等学校卒業。
  • 2002年 - 早稲田大学卒業。
  • 2003年 - ユザワヤのカルチャー教室で絵を習い始める。

個展など[編集]

  • 2006年 - 銀座ハヤシ画廊で個展
  • 2006年 - ギャラリー2+で個展
  • 2006年-2008年 - 浦和楽風ギャラリーで個展
  • 2007年 - 埼玉県立近代美術館一般展示室で個展
  • 2008年 - 上野めぐりギャラリーで個展
  • 2009年 - 上野めぐりギャラリー、ギャラリーエッジ 大阪で個展
  • 2010年10月 - 上海・杰藝術で個展(Park View green gallery Shanghai)
  • 2011年3月 - 上海・杰藝術で個展
  • 2011年10月 - 上海・杰藝術で個展
  • 2012年5月 - 上海・杰藝術で個展
  • 2013年6月 - 上海・杰藝術で個展
  • 2015年7月 - ニューヨークのギャラリーChashamaで個展

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 田中拓馬 /分-解/ プロジェクト