田中元 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 元(たなか はじめ、1912年大正元年)8月[1][2] - 1953年昭和28年)8月28日[1][2])は、昭和期の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

北海道函館区(現函館市)で生まれる[3]。北海道庁立函館中学校(現北海道函館中部高等学校)を経て[3]、1939年(昭和14年)東京歯科医学専門学校(現東京歯科大学)を卒業した[1][3]興亜院嘱託となり、同技手、在北京大使館技手、同技師を歴任した[1][3]

その後、日本興行取締役、函館ミツワ商会取締役会長、大洋貿易社長、函館ドック顧問などを務めた[1][3]

1949年(昭和24年)1月、第24回衆議院議員総選挙北海道第3区から民主自由党所属で出馬して初当選[1][3][4]第25回総選挙自由党所属で出馬するも次点で落選[5]。1953年(昭和28年)4月の第26回総選挙で再選[5]されたが、同年8月に死去し、衆議院議員を通算2期務めた[1][3]。この間、自由党副幹事長に在任した[1][3]

親族[編集]

  • 父 田中正(函館市会副議長)[3]
  • 田中正巳(衆議院議員・参議院議員)[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』360頁。
  2. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』190頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『北海道歴史人物事典』224-225頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』3頁。
  5. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』4頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。