生姜焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒豚しょうが焼き定食

生姜焼き(しょうがやき)とは、ショウガの汁を加えたタレに漬けたを焼いた日本の料理。平成時代現在では豚肉を基本とするレシピであり、単に生姜焼きと言えば「豚の生姜焼き」を意味する。ネギアサツキを加えて焼いたものは若草焼きニンニク唐辛子を加えて焼いたものは南蛮焼きなどと呼ばれる事もある。和製英語ではポークジンジャーとも呼ばれ、英語ではginger fried porkと表記される[1]

ショウガの香りが肉の臭みや油臭さを軽減し、またその辛さが食欲を呼ぶため、夏バテ時などの豚肉によるビタミンB群補給に適した料理といえる。短時間で簡単に作れるため、家庭でもよく作られる。ショウガ味のソースはステーキハンバーグなどに応用される例もある。

歴史[編集]

日本の豚肉料理は関東大震災後、養豚の勃興期より始まり、そのなかでの生姜焼きという料理は、鍬焼きにされた豚肉の獣臭さを抑えるために生姜が利用されたことから生まれたと考えられている[2]。しかし昭和時代に至るまでは、生姜焼きは焼肉と不可分の存在であり、豚肉を生姜醤油で焼き上げる前者と、牛肉ニンニク醤油で焼く後者という認識しか持たれてはいなかった。また、家庭料理の色彩も色濃く、店で供される料理との意識は薄かった[3]

商業的に生姜焼きを広めた例は、東京銀座の居酒屋「銭形」が昭和20年代に、出前注文の多さから素早く大量に作れる肉料理として開発したのが嚆矢と見なされている。鉄板焼き店「紅花」で修行した主人によるオリジナルレシピでは、量産の目的から肉を細かく切り、タレにはショウガ・醤油みりん日本酒のほかタマネギを用いていた[4]。その成功以後、仕出し弁当のおかずや食堂などから次第に、生姜焼きは外食のメニューとして認められていった。

作り方[編集]

現在「豚のしょうが焼き」と呼ばれるメニューは、上述した細切れ豚肉のたまねぎ炒めと、スライスした豚肉をソテーしたものの二通りに大別される。

前者はタレに和えたたまねぎと薄切り豚肉の細切れを中華鍋フライパンで一気に炒めあげる。現在も大衆食堂や弁当屋などではこちらのスタイルのしょうが焼きが多い。

後者の場合は、豚肉をたれに暫く漬けた後にソテーする。砂糖をタレに最初から入れておくと焦げやすいので、肉をある程度焼いてから砂糖をふりかけた方がきれいに仕上がる。下味用の漬けだれと、仕上げに絡める甘だれを分けて用いるレシピもある。

タレには、みりんや蜂蜜で甘みをつける事があるほか、リンゴなどの果物をすりおろしたものを加えてもよい。特に生パイナップルパパイヤの汁を加えると、これらに含まれるブロメラインパパインなどの酵素の作用により、肉質が柔らかくなり、食べやすくなる。付け合わせにはモヤシタマネギピーマンなどの炒め物を出す例が一般的である。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]