生姜焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒豚しょうが焼き定食

生姜焼き(しょうがやき)とは、ショウガの汁を加えたタレに漬けたを焼いた日本の料理。豚肉を基本とするレシピであり、単に生姜焼きと言えば「豚の生姜焼き」を意味する。和製英語ではポークジンジャーとも呼ばれ、英語ではginger fried porkと表記される[1]

ショウガの香りが肉の臭みや油臭さを軽減し、またその辛さが食欲を呼ぶため、夏バテ時などの豚肉によるビタミンB群補給に適した料理といえる。短時間で簡単に作れるため、家庭でもよく作られる。ショウガ味のソースはステーキハンバーグなどに応用される例もある。

歴史[編集]

東京銀座の居酒屋「銭形」が昭和20年代に、出前注文の多さから素早く大量に作れる肉料理として開発したという。鉄板焼き店「紅花」で修行した主人によるオリジナルレシピでは、コストと量産の目的から細切れ肉を用い、タレにはショウガ汁・醤油みりん日本酒タマネギを用いている[2]

昭和時代関東地域ローカルフードであったが、全国チェーンのレストラン弁当屋などの広がりに伴い、現在は全国的に普及している。

作り方[編集]

現在「豚のしょうが焼き」と呼ばれるメニューは、上述した細切れ豚肉のたまねぎ炒めと、スライスした豚肉をソテーしたものの二通りに大別される。

前者はタレに和えたたまねぎと薄切り豚肉の細切れを中華鍋フライパンで一気に炒めあげる。現在も大衆食堂や弁当屋などではこちらのスタイルのしょうが焼きが多い。

後者の場合は、豚肉をたれに暫く漬けた後にソテーする。砂糖をタレに最初から入れておくと焦げやすいので、肉をある程度焼いてから砂糖をふりかけた方がきれいに仕上がる。下味用の漬けだれと、仕上げに絡める甘だれを分けて用いるレシピもある。

タレには、みりんや蜂蜜で甘みをつける事があるほか、リンゴなどの果物をすりおろしたものを加えてもよい。特に生パイナップルパパイヤの汁を加えると、これらに含まれるブロメラインパパインなどの酵素の作用により、肉質が柔らかくなり、食べやすくなる。

脚注[編集]

  1. ^ リーダーズ英和辞典第2版
  2. ^ 菊地武顕『あのメニューが生まれた店』平凡社 90頁

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]