「フラメンコ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
== 歴史 ==
[[ファイル:Sargent John Singer Spanish Dancer.jpg|thumb|left|[[ジョン・シンガー・サージェント]]の描いたスペインの踊り子]]
=== 前史 ===
フラメンコの歴史には不明な点も多い。その祖型の成立は[[18世紀]]末と考えられているが、この時期にはまだフラメンコという名称は与えられていなかった。
 
<!-- フラメンコを生み出したヒターノのコミュニティにも低地([[グラナダ]]など)のものと高地([[ロンダ]]など)のものがあり、前者はヒターノの音楽である[[ロマンセ]]の要素を、後者は[[ファンダンゴ]]の要素をフラメンコにもたらしたと考えられている。{{要出典|date=2020年6月}}-->
 
=== 成立後 ===
フラメンコ([[フランドル]]地方の音楽という意味)という語が、今日知られる意味でのフラメンコに対して用いられるようになった時期は、文献から判断する限り19世紀半ばのことである。現在の意味におけるフラメンコという語の初出は[[1853年]]に[[マドリード]]で行われた夜会についてのものであり、1860年ごろからはこの語が[[セビリア]]でも用いられるようになった<ref>[[#志風|志風]] p.289</ref>。いずれにせよ、フラメンコの起源はアンダルシア地方、なかでもセビリアや[[カディス]]周辺のアンダルシア西部が本場とされている<ref>[[#濱田|濱田]] p.56</ref>。
 
フラメンコが演奏される場は、当初は個人の家などプライベートな空間が中心であった。この時期にはギターが使用されることも少なく、手拍子や掛け声(ハレオ)による伴奏が主であった<ref>[[#濱田|濱田]] p.55</ref>。
 
=== カフェ・カンタンテ ===
こうした状況は、[[19世紀]]半ばにカフェ・カンタンテと呼ばれる定期的にフラメンコが上演される飲食店が出現したことで大きく変容する。最初のカフェ・カンタンテは[[1842年]]にセビリアにできたとされる。<ref>{{Cite book|和書 |author = [[川成洋]] |year = 2016 |title = スペイン文化読本 |publisher = 丸善出版 |page = 168 |isbn = 978-4-621-08995-8}}</ref>当初はフラメンコでなくピアノやクラシックを聴かせる場であったようであるが、19世紀後半に入るとフラメンコを取り入れ興行化する。特にシルベリオ・フランコネッティのカンテと意欲的な行動が原動力となって1880年代に盛んとなる。彼自身が開いたカフェでは後の偉大なアーティストが多数活躍した。
さらにフラメンコの本場であるアンダルシア以外にも、[[マドリード]]や[[バルセロナ]]などスペイン国内の各地にカフェ・カンタンテが出現し、フラメンコはアンダルシア地方の一民族音楽から大きく飛躍することとなった。またこの時期にはフラメンコの内容も大きく変容し、ギターがフラメンコの主流の楽器となったほか、それまでのヒターノたちの影響を強く受けたカンテ・ヒターノのほかに、元からのアンダルシア民謡がフラメンコの影響を受けたカンテ・アンダルースと呼ばれるもう一つの新しい流れが生まれた。そして各地にカフェ・カンタンテが出現したことから、芸能として確立されたフラメンコには優れた奏者が次々と現れ、フラメンコはより豊かで洗練されたものとなっていった<ref>[[#濱田|濱田]] p.57-59</ref>。

案内メニュー