パコ・デ・ルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサンチェス第二姓(母方の)はゴメスです。
パコ・デ・ルシア
Paco de Lucía
Paco de lucia 2007.jpg
パコ・デ・ルシア(2007年3月)
基本情報
出生名 フランシスコ・グスタボ・サンチェス・ゴメス
Francisco Gustavo Sánchez Gómez
生誕 (1947-12-21) 1947年12月21日
スペインの旗 スペイン
アンダルシア州 アルヘシーラス
死没 (2014-02-25) 2014年2月25日(66歳没)
メキシコの旗 メキシコ
ジャンル フラメンコ
ジャズ
職業 ギタリスト
作曲家
担当楽器 フラメンコギター
アコースティックギター
共同作業者 アル・ディ・メオラ
ジョン・マクラフリン
カマロン・デ・ラ・イスラ
公式サイト pacodelucia.org

パコ・デ・ルシアPaco de Lucía、本名Francisco Gustavo Sánchez Gómez、1947年12月21日 - 2014年2月25日)は、スペインギタリストフラメンコジャズの分野で活躍した。「Paco」は「Francisco」の一般的な愛称である。スペインではキリスト教の聖人の名前を子供に付けることが多く、同名が多くなり区別が困難になるため、母方の姓「Lucía」を付けて「ルシアおばさんのパコ」とした。

来歴[編集]

スペイン、アンダルシア州カディス県の港町アルヘシーラスで生まれる。父や2人の兄もギターが弾け、パコもギターを習う。また、父の友人であるフラメンコ・ギタリスト、ニーニョ・リカルドサビーカスからも影響を受けた。パコは後年、アルバム『SIROCO〜熱風』(1987年)に、「ニーニョ・リカルドに捧げる」という曲を収録している。

わずか12歳で、兄のペペ・デ・ルシアとのデュオで初レコーディングを経験。1964年から数年間、リカルド・モドレーゴまたは長兄ラモン・デ・アルヘシラスとのデュオで活動。

1967年、初のリーダー・アルバム『天才』を発表。そのテクニックは日本でも知られることになるが、パコは楽譜の読み書きができず、ホセ・トレグロサが楽譜の作成を手伝い、共作者としてもクレジットされている。

1967年、カディス県サン・フェルナンド出身のカンタオール(フラメンコにおける唄い手)であるカマロン・デ・ラ・イスラとの初の共演アルバムを発表。1992年のカマロンの死まで共演は続き、フラメンコに大きな改革をもたらした。

1973年にリリースされたアルバム『二筋の川』のセールス的成功と、収録曲「二筋の川」がスペインのヒット・チャートで第1位となったことにより、スペインのみならず広くパコの名前は知られることとなる[1]

1977年、フラメンコの分野で活躍してきたパコに転機が訪れた。元リターン・トゥ・フォーエヴァーフュージョン・ギタリスト、アル・ディ・メオラのアルバム『エレガント・ジプシー』に参加し、ジャズ/フュージョンのファンからも認知を得る。1979年には、ジョン・マクラフリンラリー・コリエルとの3人で、アコースティック・ギター3本だけのツアーを行う。その後、ラリーに代わってアルが加入し、『フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』(1981年)、『パッション、グレイス&ファイア〜情炎』(1983年)といったアルバムを発表。この3人は、スーパー・ギター・トリオという愛称で親しまれ、1996年には再び活動を共にしている。

1990年には、チック・コリアがゲスト参加した『シルヤブ』を発表。フラメンコの枠にとどまらぬ活躍を続けた。

2014年2月25日、滞在先のメキシコ心臓発作により死去[2]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 『天才』 - La fabulosa guitarra de Paco de Lucía (1967年) ※旧邦題『フラメンコ・ギターの天才』
  • 『幻想』 - Fantasía flamenca de Paco de Lucía (1969年)
  • El mundo del flamenco (1971年)
  • 『霊感』 - Recital de guitarra de Paco de Lucía (1971年)
  • 『魂の響き』 - El duende flamenco de Paco de Lucía (1972年)
  • 『二筋の川』 - Fuente y caudal (1973年)
  • 『アルモライマ』 - Almoraima (1976年)
  • 『炎』 - Interpreta a Manuel de Falla (1978年)
  • 『道』 - Sólo quiero caminar (1981年) ※パコ・デ・ルシア・セクステットによる演奏
  • 『SIROCO〜熱風』 - Siroco (1987年)
  • 『シルヤブ』 - Zyryab (1990年)
  • 『アランフェス協奏曲』 - Concierto de Aranjuez (1991年)
  • 『ルシア』 - Luzia (1998年)
  • 『コシータス・ブエナス』 - Cositas buenas (2003年)
  • Canción andaluza (2014年)

コラボレーション・アルバム[編集]

  • Dos guitarras flamencas en stereo (1964年) ※with リカルド・モドレーゴ
  • 12 canciones de García Lorca para guitarra (1965年) ※with リカルド・モドレーゴ
  • 12 éxitos para 2 guitarras flamencas (1965年) ※with リカルド・モドレーゴ
  • Canciones andaluzas para 2 guitarras (1967年) ※with ラモン・デ・アルヘシラス
  • Dos guitarras flamencas en América Latina (1967年) ※with ラモン・デ・アルヘシラス
  • Paco de Lucía y Ramón de Algeciras en Hispanoamérica (1969年) ※with ラモン・デ・アルヘシラス
  • 12 Hits para 2 guitarras flamencas y orquesta de cuerda (1969年) ※with ラモン・デ・アルヘシラス
  • 『カストロ・マリン』 - Castro Marín (1981年) ※with ラリー・コリエルジョン・マクラフリン
  • 『パッション、グレイス&ファイア〜情炎』 - Passion, Grace and Fire (1983年) ※with アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリン
  • 『ザ・ギター・トリオ』 - The Guitar Trio (1996年) ※with アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリン

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ライブ』 - En vivo desde el Teatro Real (1975年)
  • フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』 - Friday Night in San Francisco (1981年) ※with アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリン
  • 『ワン・サマー・ナイト - パコ・デ・ルシア・ライヴ』 - Live... One Summer Night (1984年) ※パコ・デ・ルシア・セクステット名義
  • 『ライヴ・イン・アメリカ』 - Live in América (1993年) ※パコ・デ・ルシア・セクステット名義
  • En Vivo - Conciertos Live In Spain 2010 (2012年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Entre dos aguas (1975年)
  • 『アントロヒーア』 - Antología (1995年)
  • Integral (2003年) ※26枚組ボックスセット
  • Por Descubrir (2003年)

サウンドトラック参加映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Top40-Charts.com Paco De Lucia[1]
  2. ^ フラメンコギターの巨匠、パコ・デ・ルシア氏が死去 CNN.co.jp 2015年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]