ビセンテ・アミーゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビセンテ・アミーゴ
Vicenteamigo.jpg
基本情報
出生 1967年3月25日 スペインの旗 スペイン アンダルシア州 グァダルカナル[1]
ジャンル フラメンコジャズ
職業 ギタリスト
担当楽器 フラメンコ・ギター
活動期間 1988年-
公式サイト vicente-amigo.com

{{{Influences}}}

ビセンテ・アミーゴ(Vicente Amigo Girol, 1967年3月25日- )はスペインアンダルシア州出身のフラメンコ・ギタリスト作曲家

バイオグラフィ[編集]

アンダルシア州、セビージャ県のグァダルカナルに生まれ、5歳の時に同州のコルドバに移り住む。3歳の時にテレビで見たパコ・デ・ルシアの演奏でフラメンコ・ギターを知り、8歳の時にギターを弾き始める。[1]

フラメンコギターのマスター、フアン・ムニョス“エル・トマテ”やメレンゲ・デ・コルドバに師事、10代にはマノロ・サンルーカルのグループに加入し、5年間活動した。[1]

'80年代末にソロ活動をはじめ、ラ・ウニオンやコルドバのコンクールで優勝し、脚光を浴びる。'90年代に入るとデヴィッド・ボウイの前座を務めたこともある。[1]1991年にソニー・ミュージック(スペイン)コロムビア・レコードよりDe mi Corazón al Aire(邦:『我が心を風に解き放てば』)をリリースしアルバム・デビューを果たす。1995年にはVivencias Imaginadas(邦:『魂の窓』)を、1997年にPoeta(邦:『ポエタ』)をリリース。Poetaのタイトル・トラックはフィギュアスケートのテーマ曲として、ソニア・ラフエンテや、ステファン・ランビエール北村明子金彩華太田由希奈らによって使用されている。

2000年にはBMG Spainより、Ciudad de las Ideas(邦:『イデアの街』)をリリース。アルバムは2001年にグラミー賞 Latin Grammy for the Best Flamenco Album を受賞。2005年にUn Momento en el Sonido(邦:『音の瞬間』)をリリース。後にBMGはソニー・ミュージックに合併吸収されることになり、ソニーに戻ることになり、2009年にPaseo de Graciaをリリース。2013年に発売されたTierraケルト音楽を取り入れたアルバムとなる。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム レーベル 発表年
De mi Corazón al Aire Columba/Sony Spain 1991
Vivencias Imaginadas Columba/Sony Spain 1995
Poeta Columba/Sony Spain 1997
Ciudad de las Ideas BMG Spain 2000
Un Momento en el Sonido BMG Spain 2005
Paseo de Gracia Sony Music 2009
Tierra Sony Music 2013

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d アルバム『イデアの街』ライナーノーツ(松山晋也)

外部リンク[編集]