「宏智正覚」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
|著作=
}}
'''宏智正覚'''(わんし しょうがく、[[1091年]]([[元祐]]6年) - [[1157年]]([[11月11日]]([[紹興 (宋)|紹興]]27年[[10月8日 (旧暦)|10月8日]]))は、[[中国]]の[[宋 (王朝)|宋代]]の[[禅]]僧。[[隰州]][[隰県|隰川県]]の人。別称は'''天童正覚'''(てんどうしょうがく)。[[曹洞宗]]に属し、多くの弟子がいて[[宏智派]]の祖とされた。[[黙照禅]]という[[坐禅]]の形を正統のものと主張し、多くの詩偈を残した。
 
== 真の禅法をめぐって ==

案内メニュー