「櫛橋光」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
|宗教 = [[仏教]]
|宗派 = [[浄土宗]]
|配偶者 = '''[[黒田孝高]]'''
|非婚配偶者 =
|子供 = 長男・'''[[黒田長政]]'''</br>次男・[[黒田熊之助]]
|親 = 父・[[櫛橋伊定]]
|親戚 =
|補足 = [[雅号]]:幸圓</br>院号:照福院
}}
'''櫛橋 光'''(くしはし てる(みつ))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]初期にかけての女性。[[播磨国]][[印南郡]](現在の[[兵庫県]][[加古川市]][[志方町]])の[[志方城]]主・[[櫛橋伊定]]の娘。[[小寺政職]]の従姪であり養女。[[筑前]][[福岡藩]]祖、'''[[黒田孝高]]'''(官兵衛・如水)の正室。院号は'''照福院'''(しょうふくいん)。[[雅号]]に幸圓(こうえん)がある。
 
== 生涯 ==
* [[崇福寺 (福岡市)]] - 福岡藩主黒田家の菩提寺。
* [[櫛橋氏]]
* [[加古川市]]([[兵庫県]]) - 志方町観音寺、出生地。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者

案内メニュー