神吉城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
神吉城
兵庫県
神吉頼定の墓石
神吉頼定の墓石
別名 真名井城、奈幸子城
城郭構造 環郭式平城
築城主 赤松範次
築城年 南北朝時代
主な改修者 神吉氏
主な城主 神吉頼定
廃城年 天正6年(1578年
遺構 土塁
空堀
位置
地図
神吉城の位置(兵庫県内)
神吉城
神吉城

神吉城(かんきじょう)は播磨国印南郡兵庫県加古川市)にあった日本の城平城。別名、真名井城(まないじょう)、奈幸子城(なこしじょう)とも呼ばれる。一部遺構として土塁、空堀が残る。

沿革[編集]

赤松氏一族の神吉氏が築城、初代城主は赤松則村(円心)の子孫で播磨明石郡神出城赤松範次(神出左衛門範次)が印南郡神吉の庄を領して神吉城を築き、範次の子・元頼が神吉城主となり神吉氏を称した。神吉城は神吉の集落全体が城域で、中の丸・東の丸・西の丸・二の丸の4つの曲輪を持つ縄張りの城で、中の丸には低層ながらも天守閣が建てられていたといわれる。

山名氏清明徳の乱では幕府方で功績を残したといわれる。

現在、城跡は中の丸が法性山常楽寺、西の丸が真宗寺となっている。なお、常楽寺の本堂裏にある墓地には城主神吉頼定の墓がある。わがまち加古川60選のNo.48である。

秀吉の播磨攻め[編集]

天正6年(1578年)2月、加古川城での毛利討伐の軍議で別所氏羽柴秀吉が決裂し三木合戦が始まった際、城主神吉頼定は同じ赤松氏一族の別所氏についた。このため、神吉城も秀吉と戦うこととなる。周辺の野口城志方城高砂城と共に守りを固め、頼定は三木の大村坂で秀吉勢を攻め立て、大勝利を収めた。

しかし、秀吉は周囲から落とす作戦に切り替え、まず4月6日に野口城が落城し、続いて6月23日グレゴリオ暦7月27日)に神吉合戦が始まった。頼定は兵約2000人で籠城し、対する秀吉勢は織田信忠明智光秀佐久間信盛荒木村重ら約3万人で攻め、秀吉勢は頼定の叔父神吉貞光(藤太夫)を佐久間信盛を通して謀略で味方に引き入れ頼定を暗殺、7月16日8月19日)に神吉城は落城したとされる。

また、秀吉は神吉城を攻める際に、生石神社に対し陣所に貸与せよと申し出たが、陣所には貸さぬと拒否されたため焼き討ちにしたとされる(時の生石神社宮司は頼定の弟とされる)[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 生石神社”. 2013年12月11日閲覧。

参照文献[編集]

外部リンク[編集]