道嶋嶋足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
牡鹿嶋足から転送)
移動先: 案内検索

道嶋 嶋足(みちしま の しまたり、生年不詳 - 延暦2年1月8日783年2月13日))は、奈良時代の武人・貴族氏姓は始め丸子(無姓)のち牡鹿連、牡鹿宿禰、道嶋宿禰。官位正四位上近衛中将勲等は勲二等。

陸奥在地の豪族の中で唯一中央官僚として立身した。

経歴[編集]

陸奥国牡鹿郡の出身[1]

天平勝宝5年(753年大初位下の時丸子から牡鹿連に改賜姓される。天平宝字元年(757年橘奈良麻呂の乱において、反乱実行時に敵側となるのを防ぐために、賀茂角足が事前に武勇に優れた者を自邸に呼んで酒盛りをしたが、嶋足は高麗福信坂上苅田麻呂らの武人とともに招待されている[2]天平宝字年間に授刀衛将曹に任じられる。

天平宝字8年(764年)9月の藤原仲麻呂の乱において、藤原仲麻呂の子・訓儒麻呂勅使山村王を襲撃して御璽駅鈴を奪った際、嶋足は授刀衛少尉・坂上苅田麻呂とともに孝謙上皇勅命を受けて、訓儒麻呂を襲いこれを射殺した。乱における武功により従七位上から一足飛びに十一階昇進して従四位下に昇叙、宿禰姓を賜姓された。翌月の10月には授刀少将兼相模守に任ぜられ、翌天平神護元年(765年)に勳二等叙勲を受け、近衛員外中将に任じられる。こののち道嶋宿禰に改姓。

天平神護2年(766年)にも正四位下次いで正四位上に叙せられるなど、称徳朝にて地方豪族としては異例の昇進を遂げた。神護景雲元年(767年陸奥国大国造。この間近衛中将に任ぜられる。神護景雲4年(770年)8月蝦夷の首長である宇漢迷宇屈波宇らが朝廷軍との関係を断ち、配下の者とともに朝廷の支配が及ばない地に引き上げ、反攻の姿勢を示した際、嶋足は事実関係の検問のために現地に派遣された[3]

光仁朝でも引き続き近衛中将(中衛中将)を務める傍ら、宝亀9年(778年下総守宝亀11年(780年播磨守といった地方官や、内廐頭を兼務した。

桓武朝の延暦2年(783年)1月8日卒去

人物[編集]

体軀や容貌が雄壮で士気に溢れ、生来より騎射に優れていたという[1]

官歴[編集]

続日本紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ a b 続日本紀』延暦2年正月8日条
  2. ^ 『続日本紀』天平宝字元年7月4日条
  3. ^ 『続日本紀』宝亀元年8月10日条

参考文献[編集]