熱海町 (福島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 福島県 > 郡山市 > 熱海町
熱海町
あたみ
日章旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
自治体 郡山市
旧自治体 安積郡熱海町
面積
151.2km²
世帯数
2,367世帯
総人口
5,895
住民基本台帳、2016年1月1日現在)
人口密度
38.99人/km²
隣接地区 喜久田町逢瀬町
郡山市役所熱海行政センター
北緯37度29分01秒 東経140度16分23.5秒 / 北緯37.48361度 東経140.273194度 / 37.48361; 140.273194座標: 北緯37度29分01秒 東経140度16分23.5秒 / 北緯37.48361度 東経140.273194度 / 37.48361; 140.273194
所在地 〒963-1309
福島県郡山市熱海町熱海一丁目1
リンク [熱海町/郡山市 熱海行政センター公式ページ]
熱海町の位置(福島県内)
熱海町
熱海町
特記事項:郵便番号は963-13xx
テンプレートを表示

熱海町(あたみまち)は福島県中通り中部、安積郡に属していた町。 現在の郡山市熱海町地区。

このページでは、合併前の熱海町と合併後の郡山市熱海町地区の両方を併載する。

概要[編集]

郡山市の奥座敷磐梯熱海温泉を有する地域である。熱海という地名は、奥州合戦の後にこの地の領主になった、源頼朝の家臣伊東祐長の出身地である伊豆の静岡県熱海市から由来している。町内に所在する「上伊豆島」・「下伊豆島」などの地名もこの由来から命名されている。

地理[編集]

現在の郡山市の北西部に位置する。

歴史[編集]

熱海町
廃止日 1965年5月1日
廃止理由 新設合併
郡山市、安積郡富久山町日和田町熱海町安積町喜久田村
逢瀬村片平村三穂田村湖南村田村郡田村町 → 郡山市
現在の自治体 郡山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
安積郡
面積 152.16km².
総人口 10,881
(1960年10月1日 国勢調査)
隣接自治体 安積郡日和田町喜久田村逢瀬村片平村湖南村
安達郡本宮町大玉村二本松市耶麻郡猪苗代町
熱海町役場
所在地 福島県安積郡熱海町
外部リンク なし
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 市制・町村制以前の変遷表
  • 市制・町村制以後の変遷表

行政[編集]

県管轄の機関[編集]

市管轄の機関[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

産業[編集]

農業[編集]

  • 安子ヶ島・上伊豆島・下伊豆島のエリアでは安積疏水の灌漑を受けた稲作が盛んである。山間部の石筵エリアでは酪農が盛んである。

工業[編集]

  • 郡山西部第一工業団地

商業[編集]

  • 磐梯熱海温泉があるため、観光関連事業が盛んである。

医療機関[編集]

  • 太田熱海病院

教育[編集]

小学校
  • 郡山市立熱海小学校
    • 石莚分校
  • 郡山市立安子島小学校
  • 郡山市立上伊豆島小学校 
中学校
  • 郡山市立熱海中学校
    • 1970年(昭和45年)に郡山市立丸守中学校を統合した。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

祭事[編集]

  • 1月 湯泉神社元朝参り(元日、甘酒のふるまいなど)
  • 6月 ふくしま太鼓フェスティバル
  • 8月 磐梯熱海温泉萩姫まつり8月9日10日開催、縁日、温泉感謝祭、献湯祭、めっけ市、萩姫万灯パレードなど)
  • 10月 牧場まつり(郡山石筵ふれあい牧場内)
  • 12月 磐梯熱海温泉つるりんこ祭(12月初旬、郡山スケート場などで開催、氷上綱引大会やスケート体験教室など)

脚注[編集]

  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 7 福島県』、角川書店、1981年 ISBN 4040010701より
  2. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]