無限小

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

無限小(むげんしょう、infinitesimal)とは、オイラーによれば「0 」のことである。コーシーによれば「限りなく 0 に近づいていく値を取る変化量」のこと。

ライプニッツによれば、無限小量は「0 ではない、かつ限りなく 0 に近い微小な量」という理想概念である。

超実数体での無限小[編集]

キースラーの公理を前提とするならば、ある超実数 x が無限小超実数であるとは、いかなる正の実数 r に対しても、x の絶対値が r より小さいということである。

関連項目[編集]