ニコラス・メルカトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコラス・メルカトル(Nicholas (Nikolaus) Mercator、1620年頃 - 1687年)は17世紀の数学者

北ドイツのオイティンに生まれた。1642年から1648年までオランダで暮らし、1648年から1654年までコペンハーゲン大学で教え、その後パリで暮らし、1657年にサセックスで第10代ノーサンバランド伯アルジャーノン・パーシー英語版の息子のジョスリン・パーシーの数学の家庭教師を務め、1658年から1682年までロンドンで数学を教えた。1666年に王立協会の会員になり[1]、チャールズ2世のために航海用時計を設計し、ヴェルサイユ宮殿の噴水の設計と製作をおこなった。

もっとも知られているのは1668年の対数に関する著書『対数術』(: Logarithmo-technica)でGregory Saint-Vincentと独立に式:

\ln(1 + x) = x - \frac{1}{2}x^2 + \frac{1}{3}x^3 - \frac{1}{4}x^4 + \cdots

を導き、自然対数という用語を導いた。

音楽理論の分野でも53平均律の理論でも知られる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mercator; Nicolas (c 1620 - 1687)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年3月25日閲覧。