渡部亮平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
渡部 亮平
プロフィール
誕生日 (1987-08-10) 1987年8月10日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 愛媛県東温市
主な作品
テレビドラマセーラーゾンビ
時をかける少女
映画かしこい狗は、吠えずに笑う
3月のライオン
わたなべ りょうへい
渡部 亮平
職業 映画監督演出家
活動期間 2010年 - 現在
活動内容 映画テレビドラマ舞台
主な作品
映画
かしこい狗は、吠えずに笑う
テレビドラマ
時をかける少女』『セーラーゾンビ

渡部 亮平(わたなべ りょうへい、1987年8月10日[1] - )は、日本脚本家映画監督演出家

愛媛県東温市出身[2]

経歴[編集]

重信町立重信中学校、愛媛県立松山東高等学校を経て、立命館大学経済学部経済学科に入学。大学3年次に韓国延世大学へ1年間の交換留学[2]。その後、シナリオ作家協会シナリオ講座第53期研修科修了[1]

テレビドラマ制作に関心があったことから就職活動でテレビ局の面接を受けるものの不合格となり、ドラマや映画について学ぼうと脚本の勉強を始める。大学の休学制度を利用して休学し上京、シナリオ作家協会のシナリオ講座に1年間通って基礎を学び、修了後はアルバイトのかたわらでコンクールに応募するための脚本をひたすら書き続ける日々を過ごす[3]

2010年1月、第23回シナリオ作家協会大伴昌司賞佳作を受賞。同年5月に毎日放送の深夜ドラマ『アザミ嬢のララバイ』の第5話脚本(小林弘利と共同)に起用され、脚本家としてデビュー。映画監督の堀江慶主宰の劇団コーンフレークス第7回公演舞台『青面獣楊志』の脚本、ヨーロッパ企画SSMF2年連続本選出場、TBS「学生CM甲子園」KAGOME部門最優秀賞&総合グランプリ、2010年に製作したクレイアニメ短篇作品がテレビ朝日Vドリーム』愛媛グランプリ&全国グランプリ等の実績がある。

若手脚本家の登竜門とされるフジテレビヤングシナリオ大賞に応募した自信作が一次選考で落選したことから、自身の脚本の面白さを伝える手段として、自主制作映画として自ら映像化することを決意[3]。2012年、『Vドリーム』で獲得した賞金となけなしの貯金を製作資金に投じ、mixiTwitterでスタッフを募集して、『かしこい狗は、吠えずに笑う』として自らのメガホンで映画化し完成させる。同作はぴあフィルムフェスティバル「エンタテインメント賞(ホリプロ賞)」&「映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)」、福岡インディペンデント映画祭2012「120分部門グランプリ」&「FIDFF2012最優秀賞」、 第22回映画祭TAMA CINEMA FORUM コンペティション部門 、第13回TAMA NEW WAVE 「グランプリ」&「最優秀女優賞」をそれぞれ受賞。翌2013年6月22日から全国順次公開され、2014年には第23回(2013年度)日本映画プロフェッショナル大賞「新人監督賞」を受賞。

脚本家として活動する一方で、THE DIRECTORS FARMに参加して、監督としてCM、PV、映画、ドラマなどの制作に携わる[3]

2014年4月、犬童一心企画・総合演出による深夜ドラマ『セーラーゾンビ』に脚本[注 1]・監督で参加[4]

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

DVDドラマ[編集]

  • SF少女ドラマシリーズ「ADS77」(2013年)[注 2] - 脚本

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • 地球三兄弟 (奥田民生、真心ブラザーズ)「アースの休日」(2012年) - 演出

舞台[編集]

  • 劇団コーンフレークス第7回公演「青面獣楊志」(2010年) - 脚本

参考文献・出典[編集]

  • 「かしこい狗は、吠えずに笑う」広島八丁座特製パンフレット……2013年11月16日から22日まで広島で一週間限定レイトショー公開された際、上映館の広島八丁座が独自に発行して、入場者全員に無料配布された。渡部亮平監督、撮影・照明の辻克喜、音楽の近谷直之、主演の岡村いずみ、mimpi*βによる撮影裏話とメッセージが掲載された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 犬童一心との共同脚本。
  2. ^ AKB48恋するフォーチュンクッキー」映像特典。

出典[編集]

  1. ^ a b 動画部門審査員 渡部 亮平 監督プロフィール (PDF)”. 動画&写真コンクール作品募集. えひめいやしの南予博2016. 2016年11月4日閲覧。
  2. ^ a b キラリ東温この人なう11 映画監督として愛媛に凱旋 渡部 亮平さん(25) (東京都) (PDF)”. 広報とうおん. 東温市. p. 32 (2013年3月1日). 2016年11月4日閲覧。
  3. ^ a b c 林佑実子 (2013年9月24日). “脚本家・映画監督 渡部亮平に聞く、できる予感を現実に変える自己プロデュース方法!”. ジセダイジェネレーションズ U-25 ジセダイ. 星海社. 2016年11月4日閲覧。
  4. ^ 平井万里子 (2014年10月23日). “弱冠24歳の新鋭による初監督作『かしこい狗は、吠えずに笑う』監督・渡部亮平×犬童一心インタビュー”. T-SITE NEWS (TSUTAYA). http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/20574845/ 2016年11月4日閲覧。 
  5. ^ 出演者・スタッフ NHK神戸放送局 兵庫発地域ドラマ「あったまるユートピア」特設サイト

外部リンク[編集]