渡辺信二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 信二(わたなべ しんじ、1949年11月 - )は、日本アメリカ文学研究者、詩人翻訳家立教大学文学部教授北海道札幌市出身。北海道札幌東高等学校東京大学文学部卒業、東京大学大学院博士課程中途退学。専門はアメリカ。自らの詩集のほか、アメリカ詩集の翻訳も手がけている。現立教大学文学部長。

経歴[編集]

2012年 フェリス女学院大学教授

著書[編集]

研究書[編集]

  • 文学とアメリカ I (共著、南雲堂、1980年)
  • エズラ・パウンド研究(共著、1986年)
  • 喪神の彼方をー21世紀への詩・短歌・評論(共編著、国文社、1991年)
  • 文学アメリカ資本主義(共編著、南雲堂、1993年)
  • 荒野からうた声が聞こえる:アメリカ詩学の本質と変貌(朝文社、1994年)
  • 見つめあう日本とアメリカ:新しい異文化の交差を求めて(共編著、南雲堂、1995年)
  • <幻実>の詩学(共著、ふみくら書房、1996年)
  • 読み直すアメリカ文学(共著、研究社、1996年)
  • 文学批評のポリティックス(共著、大阪教育図書、1997年)
  • アメリカ文学の冒険:空間の想像力(共著、彩流社、1998年)
  • アン・ブラッドストリートとエドワード・テイラー:アメリカ植民地時代の宗教と創作の関係について(松柏社、1999年)

詩集[編集]

  • 遥かなる現在(国文社、1984年)
  • 愛する妻へ(思潮社、1989年)
  • 不実な言葉/まことの言葉(書肆山田、1991年)
  • まりぃのための鎮魂歌(ふみくら書房、1993年)
  • Spell of a Bird(Vantage Press、1997年)
  • もうひとつの鎮魂歌(本の風景社、2002年)

訳書[編集]

  • アメリカ名詩選 -アメリカ先住民からホイットマンへ-(本の友社、1997年)
  • アメリカン・インディアンの歌(松柏社、2005年)