清河県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 河北省 清河県
邢台市中の清河県の位置
台市中の清河県の位置
簡体字 清河
繁体字 清河
拼音 Qīnghé
カタカナ転写 チンホー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
河北
地級市 邢台市
行政級別
建置 南北朝時代
改称 隋代
面積
総面積 501 km²
人口
総人口(2006) 36 万人
経済
電話番号 0319
郵便番号 054800
行政区画代碼 130534
公式ウェブサイト http://www.qinghexian.gov.cn/

清河県(せいか-けん)は中華人民共和国河北省邢台市に位置する。県人民政府所在地は葛仙荘鎮。

歴史[編集]

前漢文帝の后妃である竇漪房(孝文皇后)の祖籍地である。556年天保 (北斉)7年)、北斉により設置された武城県を前身とする。586年開皇6年)に清河県と改称された。1958年に廃止となり管轄区域は南宮県に編入されたが、1961年に再設置され現在に至る。

水滸伝』では武松の故郷とされ、武松の兄嫁である潘金蓮とその間男・西門慶の住む町でもある。潘金蓮と西門慶を主役とする『金瓶梅』では、清河県が主な舞台となっている。

行政区画[編集]

  • 鎮:葛仙荘鎮、王官荘鎮、油坊鎮、謝炉鎮、壩営鎮、連荘鎮
中国地名の変遷
建置 556年
使用状況 清河県
南北朝武城県
清河県
清河県
五代清河県
北宋/清河県
南宋/清河県
清河県
清河県
清河県
中華民国清河県
現代清河県