定州市 (河北省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 河北省 定州市
定州文廟
定州文廟
河北省中の定州市の位置(14番)
河北省中の定州市の位置(14番)
簡体字 定州
繁体字 定州
拼音 Dìngzhōu
カタカナ転写 ティンチョウ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
河北
行政級別 省直轄県級市
建置 漢代
改称 1986年
面積
総面積 1,274 km²
人口
総人口(2006) 116 万人
経済
電話番号 0312
郵便番号 073000
行政区画代碼 130682
公式ウェブサイト http://www.dzs.gov.cn/

定州市(ていしゅう-し)は中華人民共和国河北省に位置する省直轄県級市2013年以前は保定市に属していた。

歴史[編集]

漢代に設置された盧奴県を前身とする。漢代には中山国及び中山郡の郡治とされた。南北朝時代になると397年皇始2年)、北魏安州を設置、400年天興3年)に定州と改称されその州治とされた。北斉の時代になると盧奴県は廃止され、安喜県が移転設置されている。

隋朝が成立すると開皇初年に鮮虞県と改称されたが、621年武徳4年)に再び安喜県と改称され、定州の州治とされた。北宋では定州路及び中山府治とされている。明朝が成立すると1370年洪武3年)に安喜県は廃止され、管轄区域は定州直轄とされた。

1913年民国2年)の州制廃止に伴い定州は定県と改編、1986年に県級市としての定州市に改編。2013年6月1日に省直轄県級市に移行して現在に至る。

行政区画[編集]

  • 街道:南城区街道、北城区街道、西城区街道
  • 鎮:清風店鎮、東亭鎮、李親顧鎮、明月店鎮、大辛荘鎮、邢邑鎮、磚路鎮、留早鎮、龐村鎮、高蓬鎮、子位鎮、叮嚀店鎮、東旺鎮、開元鎮、息冢鎮、周村鎮、趙村鎮
  • 郷:東留春郷、大鹿荘郷、楊家荘郷、西城郷
  • 民族郷:号頭荘回族郷

関連項目[編集]

中国地名の変遷
建置 漢代
使用状況 定州市
前漢盧奴県
後漢盧奴県
三国盧奴県
西晋盧奴県
東晋十六国盧奴県
南北朝盧奴県
安喜県(北斉)
鮮虞県
安喜県
五代安喜県
北宋/安喜県
南宋/安喜県
安喜県
定州
定州
中華民国定県
現代定県
定州市(1986年)